おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.18 | 公開 2017.12.18

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」

東京・茗荷谷の駅から徒歩3分の場所。路地に面したビルの地下にある「Les Ailes des K(レゼールデカー)」は、知る人ぞ知る隠れ家フレンチの名店です。有名店で総料理長として腕を振るっていた名物シェフが、若手シェフとタッグを組みオープン。磨き抜かれた技と厳選した素材で、美と食の創作物を提供しています。

予約がなかなか取れない茗荷谷の隠れ家フレンチ

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」の1番目の画像

「Les Ailes des K(レゼールデカー)」は東京・茗荷谷の路地裏にひっそりとお店を構える、地元の人に愛される隠れ家フレンチです。10席のカウンターと4人席の個室のみという小さなお店にすることで客数を絞り、一品一品をていねいに提供しています。

テレビ番組でも高いランキングで取り上げられ、ますます予約の取りづらいお店になっている「Les Ailes des K」。絵画のように美しくおいしいフレンチを味わえるお店です。

翼を得て大空に羽ばたく2人の理想のフレンチ

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」の2番目の画像

有楽町の有名フレンチ「アピシウス」で総料理長を務めていた小林シェフが独立しオープンさせた「Les Ailes des K」。小林シェフが全幅の信頼を寄せる若手シェフのホープ、渋谷シェフとタッグを組み切り盛りしています。

店名の「Les Ailes des K」とはフランス語で「Kの翼」の意。2人のイニシャルであるKが翼を持って天高く羽ばたくという願いを店名に込めました。

カウンターで描く絵画のような料理に魅せられる

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」の3番目の画像

メインのお肉料理でおすすめなのは、「スペイン産ウズラのバロティーヌ サフランのソース」。一枚に開いたうずらでキノコ、野菜、ウズラのムースを巻いています。

その上からあみ脂とベーコンで巻いて風味を閉じ込めてからロースト。こんがりと仕上げ香り高いサフランのソースを添えていただきます。

付け合わせはキノコのソテー、リンゴのピュレ、小玉ねぎのポッシェ、アンチョビの泡ソース。どれも非常に手の込んだ、繊細で奥深い逸品です。

有機野菜の持つポテンシャルが際立つゼリー寄せ

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」の4番目の画像

前菜でおすすめなのは、「埼玉県産風の丘ファームのお野菜を使ったコンソメゼリーよせ」。一番下のムースは根セロリで作られていて、さわやかな香りが印象的です。

その上に新鮮な野菜をさまざまにあしらって、ゼリーで寄せてあります。野菜はそれぞれの素材がもっともおいしく活きるようにしてあり、生や火入れしたものなど、その食感の多彩さも楽しめます。

クリーミーなムース、のど越しの良いゼリー、それぞれの野菜の歯ごたえに風味とそれだけでもおいしいのですが、さらにトマトアイスと黒オリーブの粉末が添えられてアクセントとなっています。

厳選された素材をプロの技で本格フレンチへと創造

実力派シェフが作り出すフレンチを。茗荷谷の人気店「Les Ailes des K」の5番目の画像

メニューはその時々の旬の素材を調理するため、その日によって変わります。うず潮で身の締まった瀬戸内産の魚や、有機野菜を作る埼玉県の「風の丘ファーム」などから直送された食材は、届いてから最もその素材が活きる調理法を選んでいます。

渡仏経験のある2人がプロならではの技を存分にふるい、家庭では再現できない本格フレンチにカウンターの目の前で仕上げていきます。

「Les Ailes des K」は東京メトロ丸の内線「茗荷谷駅」の6番出口から徒歩2分。ビルのB1Fなので、見逃さないように注意が必要です。近くにコインパーキングもあります。必ず予約をしてから訪ねましょう。メニューはその日により異なるため、電話で確認してみてください。

スポット情報

Les Ailes des K

Les Ailes des K

東京都文京区小石川5-4-9 斎藤ビル B1F

03-6912-1162

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事