おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年12月21日更新

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」

大阪の福島駅からすぐにある「鉄板DINING O(てっぱんダイニングオー)」は、和洋中の枠を越えた鉄板創作料理のお店。女性シェフのアイデアに富む料理に、多くのファンが集います。食べたいものに迷っても、このお店に来れば見つかる。そんな自分だけの秘密にしたくなるようなお店をご紹介します。

有名デザイナーによる落ち着いた雰囲気のお店

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」の1番目の画像

大阪「福島駅」からすぐの「鉄板DINING O(てっぱんダイニングオー)」は創作鉄板料理が味わえるお店です。お店に足を踏み入れると、一面に広がる鉄板カウンターが目を引きます。ナチュラルな素材と格子柄の意匠がモダンな店内は有名デザイナー設計によるもの。

従来の鉄板焼きのお店とは異なり、女性でも気軽に入れる落ち着いた雰囲気となっています。ゆっくり食事を楽しむことができるよう、所々に置かれたグリーンに、お店の細やかな心遣いを感じることができます。

老舗のお店で修行した女性シェフが腕をふるう

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」の2番目の画像

料理長である清水シェフは、京都の有名イタリアンと、大阪北新地の老舗鉄板焼きのお店で修行した経歴の持ち主。定番のお好み焼きだけではなく、和洋中のジャンルを問わない創作料理を取り揃えています。

ボーダレスな料理の源は、シェフの経歴からうかがうことができます。また、料理はどれもうつくしく繊細に盛り付けられており、女性シェフならではのこだわりが光っています。

肉の食べ比べも楽しい「日南もち豚の豚玉」

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」の3番目の画像

お店の人気メニューは「日南もち豚の豚玉(780円)」。季節によって産地を選び抜いたキャベツにお店オリジナルの小麦粉、こだわりの出汁など、全てにおいて手を抜かずシェフが年月をかけて作り上げた自慢の一品です。

頬張るとアツアツふわふわの生地と香ばしく焼き上げられた豚肉の旨味が広がり、ソースの焼ける香りが食欲をさらに加速させます。豚肉は宮崎のブランド豚を2種類使用しており、食べ比べながらいただくのもおすすめ。

厳選されたこだわり野菜をベストな調味料で

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」の4番目の画像

野菜とはメイン料理の付け合わせだと思っていませんか。そんな考えが覆されるであろう一品「焼き野菜(各種 350円)」は、お店の隠れた自信作。

ちょうどいい加減で焼き上げられた玉ねぎやオクラ、エリンギなどの野菜は、ジューシーで野菜の甘みが濃厚に感じられます。それもそのはず、有名有機野菜専門の八百屋がこぞって契約する人気農家の野菜を使用しているのです。

鮮度にシビアにこだわり、産地直送のものを使用しています。野菜本来の味を活かしながらも、野菜のおいしさを充分にひきだせるよう、野菜に合わせた手作り調味料を使っています。

デートも接待も、さまざまなシーンに合わせた店作り

和洋中の枠を飛び越えたボーダレスな創作料理。気軽に立ち寄れる大阪・福島「鉄板DINING O」の5番目の画像

お店はカジュアルに料理を楽しむカウンター席、にぎやかに過ごすにはもってこいのテーブル席、デートや接待に最適の特別個室の3つに分かれているのが特徴的。さまざまなシーンで大切な時間を過ごせるよう、真心のこもった店作りが行われています。

また、料理だけでなく、食事に合わせたドリンクも豊富。フルーツのカクテルや凍らせたレモンで作るチューハイなど、甘めと辛めのドリンクをまんべんなく取り揃えています。料理やお酒、お店の雰囲気と、さまざまな角度から訪れる人の心を満足させるお店です。

JR大阪環状線「福島駅」から徒歩2分、なにわ筋に面して「ホテル阪神」の並びにお店はあります。いつもと違う鉄板料理を味わいたいときは、繊細でアイデアあふれる「鉄板DINING O」を訪ねてみませんか。

スポット情報

鉄板DINING O

鉄板DINING O

大阪府大阪市福島区福島5-8-14 福島吉紹ビル 5F

06-6453-6655

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング