おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.20 | 公開 2017.12.20

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食

東京・秋葉原で、厳選されたワインと創作和食を堪能できる「和食 wine 葡萄屋」。ビルの階段を下りると間接照明がおしゃれな空間が広がります。腕をふるうのは料亭出身の料理長。リーズナブルなものから本格派まで、心ゆくまでおいしいワインと創作和食を満喫できる大人の隠れ家です。

秋葉原にはなかったワインと創作和食の専門店

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食の1番目の画像

秋葉原で、ソムリエール厳選のワインと料亭出身の料理長が作る創作料理が味わえる「和食 wine 葡萄屋」。入口の近くには、葡萄屋の店名が光る看板があり、ビルの細い階段を下りると、落ち着いた大人の空間が広がります。

ボックス席にはのれんが掛かっているので、接待やデートにもおすすめです。店名は、ワインの原料となるぶどうをシンプルにわかりやすく表現するために葡萄屋とつけました。

素材に合わせた調理法で味わう。人気のお造り

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食の2番目の画像

毎朝市場から仕入れる鮮魚を素材に合わせた調理法で、日替わりで提供している「本日のお造り盛り合わせ」。昆布でしめたり、軽く炙ったり、素材のよさを知り尽くしている料理長が作るお造りです。

味だけでなく、見た目も楽しめるように盛り付けにもこだわっています。おしゃれなワインとの相性抜群な一品。

その日仕入れた魚で盛り付けが変わるので、来店するたび違った味わいを楽しめます。

鰹出汁で和風にアレンジ「和風ラタトゥイユ」

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食の3番目の画像

南フランスの伝統料理である野菜のトマト煮込みを、鰹でとった出汁で煮込んだ「和風ラタトゥイユ」。和風にアレンジすることで、野菜の旨みを引き出し、口に入れた瞬間に鰹とトマトの風味が口の中いっぱいに広がります。

ラタトゥイユの上には温泉卵をトッピング。半熟卵が、鰹とトマトでよく煮込まれた野菜に絡まり、絶妙な味わいにしあがります。

ワインとの相性抜群「鴨のタタキ バルサミコ醤油で」

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食の4番目の画像

新鮮な真鴨の表面を軽く炙り、よりワインと合わせやすい逸品にしあげた「鴨のタタキ バルサミコ醤油で」。オリジナルのバルサミコ醤油が、鴨のおいしさを引き立て、ワインとのマリアージュをさらによくしています。

ブルゴーニュやボルドーなどの上質ワインもグラスで提供しているので、気軽にさまざまなワインとの組み合わせを楽しむのもおすすめ。

料亭出身の料理長が作る創作和食とワインに舌鼓

ソムリエの厳選ワインで乾杯。 秋葉原「和食 wine 葡萄屋」でいただく創作和食の5番目の画像

老舗料亭で修行した料理長が吟味した新日本料理とソムリエールが厳選したワインとのマリアージュが自慢の「和食 wine 葡萄屋」。カウンター席に着くと、和服を着たソムリエールが創作和食と相性のよいワインをおすすめしてくれます。

創作和食に使う食材にもこだわり、野菜は栃木の無農薬農園から直送。素材のよさを最大限に引き出し、季節感も大切にして作る創作料理は、味だけでなく見た目や香りなど五感で楽しめるのも人気の理由のひとつです。

「和食 wine 葡萄屋」は、JR各線「秋葉原駅」昭和通り口から徒歩1分、東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」1番出口、目の前にあります。デートや女子会、接待などシチュエーションに合わせて楽しめるお店です。おしゃれにしっとりと飲みたいとき、訪れてみてはいかがですか?

スポット情報

和食 wine 葡萄屋

和食 wine 葡萄屋

東京都千代田区神田佐久間町2-18 モリモトビルB1F

03-3863-2108

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事