おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2017.12.22 | 公開 2017.12.22

ひと手間加えてお店の味。クリスマスにぴったりな「簡単ローストチキン」の作り方

クリスマスやパーティーシーンにぴったりのローストチキン。ひと手間加えるだけでおうちでも簡単に、おしゃれなローストチキンが作れます。お店の味に負けないおいしいローストチキンの作り方をご紹介しましょう。

クリスマスの定番、ローストチキン

ひと手間加えてお店の味。クリスマスにぴったりな「簡単ローストチキン」の作り方の1番目の画像

クリスマスの定番メニューのひとつ、ローストチキン。おうちで作るのは大変そうというイメージがあるかもしれませんが、意外と簡単に作れるメニューです。

紹介するのは、下味をつけておけばあとはオーブンにおまかせするだけの簡単レシピ。彩り野菜を添えたり、リボンで飾りつけたり、ちょっとしたアレンジ次第で、お店のようなおしゃれローストチキンができあがります。

みんなでワイワイと、あるいは彼と2人きりで。色々なシーンにピッタリのローストチキンを作ってみてはいかがですか。

下味となる調味料を準備する

ひと手間加えてお店の味。クリスマスにぴったりな「簡単ローストチキン」の作り方の2番目の画像

作り方のポイントのひとつは、下味をしっかりつけること。まずは、下味となる調味料を準備します。

酒 大さじ1・はちみつ 大さじ2・砂糖 小さじ1・醤油 大さじ3・おろしニンニク 小さじ1を合わせて、ジップロックに入れましょう。ジップロックを使用すれば、手も食器も汚れないので、洗い物を出すことなく調理できます。

また、味に深みを出し、きれいな照りを出す効果があるはちみつも、今回のレシピのポイントのひとつです。

冷蔵庫で2時間冷やす

ひと手間加えてお店の味。クリスマスにぴったりな「簡単ローストチキン」の作り方の3番目の画像

ジップロックの中に、骨付き鶏肉を入れて冷蔵庫で2時間ほど冷やして味を染み込ませましょう。ローズマリーを一緒に入れることで、肉のくさみ消しの効果があるのもポイント。

冷蔵庫で寝かせている間に付け合わせの野菜を準備します。にんじんやジャガイモ、レンコンなど、冷蔵庫にある野菜を上手に利用しましょう。

トマトやパプリカ、クレソン、ローズマリーなど彩りも考えると、味だけでなく見た目にも楽しめる食卓になります。

オーブンで焼き、ソースをかけて完成

ひと手間加えてお店の味。クリスマスにぴったりな「簡単ローストチキン」の作り方の4番目の画像

2時間以上経ったら冷蔵庫から鶏肉を取り出し、220℃に余熱したオーブンで約25分焼いていきます。焼いている間にソースを作ります。

小鍋に、先ほど鶏肉を漬けておいた残り汁と水溶き片栗粉を入れて、火にかけ、とろみがついたらソースのできあがりです。

焼きあがったら、オーブンから鶏肉を取り出し、ソースをかければローストチキンの完成!

鶏肉にリボンをつけたり、ペーパーを巻いたりすれば、おしゃれなローストチキンに仕上がります。テーブルデコレーションに緑や赤を使うと、クリスマスのムードも加わります。ワインを合わせて大人のディナーを楽しんだり、子どもと一緒にワイワイと過ごしたり、ローストチキンは色々なシチュエーションにピッタリのメニューです。ちょっとひと手間かけて、お店の味をおうちで再現してみませんか?

監修/Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事