おでかけ動画マガジン

ニュース

更新 2018.08.02 | 公開 2018.08.02

2000年代以降のビッグタイトルが一堂に集結 「週刊少年ジャンプ展VOL.3」

2018年で7月に創刊50周年を迎えた「週刊少年ジャンプ」。ジャンプ作品を3部作にわたり紹介する「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」が、六本木ヒルズ森タワー52F「森アーツセンターギャラリー」にて、2018年7月17日(火)~9月30日(日)の期間、開かれています。展覧会のために描かれた「描きおろしイラスト」などをはじめとした、ここでしか見られない原画も登場します。

子どもから大人まで、幅広い年代から愛される「週刊少年ジャンプ」。夢中になって読んだ方も多いのでは。

多くのファンの心を掴んで離さない「週刊少年ジャンプ」の作品を3部作にわたり紹介する展覧会「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」が現在「森アーツセンターギャラリー」にて、開催中です。

漫画の作者や作品に登場するキャラクターのアツい想いが詰まった本展には、見ても食べても楽しめる仕掛けが目白押し。この夏、ジャンプの魅力を思いっきり楽しんでみてください。

「週刊少年ジャンプ展VOL.3」の開催概要

週刊少年ジャンプ展VOL.3

2018年7月に創刊50周年を迎えた「週刊少年ジャンプ」。80年代、90年代、2000年代の3部作にわたり、長年続くビッグタイトルから現在連載中の作品までを紹介する本展は、この夏第3弾を公開しています。

『ONE PIECE』や『NARUTO-ナルト-』など世界中から愛される名作はもちろん、アニメ化や実写映画化される人気作品も登場します。数多の名シーンが展示されているので、アニメ派の方も楽しめますよ。

会期

2018年7月17日(火)~9月30日(日)※会期中無休

会場

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52F)

開館時間

10:00~20:00
8月11日(土・祝)~8月19日(日)は9:00~21:00(※最終入館は30分前)

展覧会でしか見られない「描きおろしイラスト展示」

こちら葛飾区亀有公園前派出所の描きおろしイラスト

展覧会のために描きおろされた、ほかでは見られないスペシャルなイラストも各コーナーに登場します。

『BLEACH』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』など18作品の描きおろしイラスト原画が展示されているので、お気に入りの作品のイラスト原画をチェックしてみてくださいね。

また、連載作品や読み切り作品が週替わりで展示されるWeekly(ウィークリー)コーナー「What’s up JUMP!?(ワッツアップジャンプ)」も設置されています。「週刊少年ジャンプ」の発売にあわせて展示内容も変わっていくので、毎週違う原画を見られます。

空間演出も見逃せない! 『ONE PIECE』

『ONE PIECE』の展示コーナー

本展のトップを飾るのは、2017年で連載20周年を迎えた『ONE PIECE』。膨大な原稿をミラーとカラーライトを使い「カレイドスコープ(万華鏡)」を連想させる幻想的な演出で楽しめます。

空間をぐるりと囲むように「麦わらの一味」が配置されており、それぞれのキャラクターの名シーンを描いた原稿が飾られています。各キャラクターのアツい想いを感じてみてくださいね。

麦わら帽子をモチーフにした『ONE PIECE』の展示コーナー

「カレイドスコープ」を抜けた先には、名シーンを描いた数々の原画も展示されています。主人公「ルフィ」のトレードマークでもある、麦わら帽子をモチーフにした空間にも注目です。

力強いセリフと表情に背中を押される『黒子のバスケ』

『黒子のバスケ』の展示コーナー

黒子や火神など、作品を代表する7人のセリフや表情がアツい空間を創り上げる『黒子のバスケ』コーナーには、対決シーンやそれぞれの葛藤、成長を描いたシーンなど印象的な原画を展示。臨場感あふれるシーンは迫力満点です。

選手紹介風の映像では、キセキの世代にフィーチャーした個性豊かなキャラクターの名シーンと名ゼリフも楽しめます。作者の藤巻忠俊さんが「ずっと描きたかった」と語る名シーンも見逃せません。

戦いの名シーンが大迫力に蘇る! 『テニスの王子様』

『テニスの王子様』の展示コーナー

青春学園が全国制覇するまでの軌跡を描いた『テニスの王子様』コーナーには、学校ごとの集合イラストや試合中の名シーンの数々がダイナミックなグラフィックで蘇ります。

テニプリの歴史に残る名場面、名勝負の数々を網羅した原画からはテニスに青春を捧げる各キャラクターのアツい想いが伝わってくるはず。

原画に対する作者許斐剛さんのコメントも必見です。

展覧会でもやっぱり適当!? 『銀魂』

『銀魂』の展示コーナー

『銀魂』コーナーは、予算も人手も足らず展覧会初日から「工事中」というユニークな設定になっています。困った主人公、坂田銀時がほかのエリアに勝手に原画を出張展示するなど、“銀魂ワールド”満載。

いろいろなエリアに原画が散らばっているので、どこにどんな原画があるのか探しながらジャンプ展を巡ってみてはいかがでしょうか。

2018年8月17日(金)より実写映画2作目となる『銀魂2 掟は破るためにこそある』が公開されます。前作よりもさらにパワーアップした、笑って泣ける天下無敵のアクション・エンターテインメントとなっているので、“宇宙一バカな夏”を映画館で楽しんでみてください。

各編の魅力が満載『HUNTER×HUNTER』

『HUNTER×HUNTER』の展示コーナー

『HUNTER×HUNTER』コーナーでは、「ハンター試験」「幻影旅団」「キメラアント」などの各編を原画と巨大グラフィックで多数展示。各編ごとに多彩な原画が美しく表現されています。

迫力あるバトルシーンや興奮に満ちた名シーンは原画で見るとまた違った魅力を感じるはず。

特にネテロ会長がメルエムと戦う際に手で作る、戦うことに対する感謝にあふれた「ハートマーク」はファン必見です。

熱戦を原画で楽しめる『ハイキュー!!』

『ハイキュー!!』の展示コーナー

“小さな巨人”に憧れバレーを始めた主人公が、烏野高校バレーボール部の仲間たちと全国制覇を目指す『ハイキュー!!』コーナーでは、音駒高校との練習試合から春高バレーの2回戦までの熱戦や成長を描いた原画を展示。

各校との試合中の名シーンで構成された、躍動感あふれるグラフィックは『ハイキュー!!』を初めて見た方でも心が躍るでしょう。

スタイリッシュでモノトーンな世界観が魅力をかき立てる『BLEACH』

『BLEACH』の展示コーナー

『BLEACH』コーナーでは、ルキア奪還を目指す「尸魂界(ソウル・ソサエティ)篇」をモチーフに、所有する斬魄刀の力を引き出す際に発する「始解(しかい)」の言葉をタイポグラフィーで表現。黒を基調とした独特の世界観が、よりリアルさを演出しています。

中央スクリーンには敵味方問わず、名シーンをスタイリッシュに演出した映像も流れています。

2018年7月20日(金)より、実写映画も公開。虚(ホロウ)との戦いを壮絶アクションで描く超大作となっているので、ジャンプ展とあわせてチェックしてくださいね。

親子で受け継ぐ歴史絵巻『NARUTO-ナルト-』

『NARUTO-ナルト-』の展示コーナー

落ちこぼれ忍者「うずまきナルト」が里の長「火影」を目指す物語を描いた『NARUTO-ナルト-』のコーナーには、巨大な絵巻に原画が展示されています。

主人公を支える力強い仲間たちを背景にカラー原画や忍たちの戦いにまつわるシーンも登場。クスッと笑ってしまうカラー原画もあるのでぜひ、チェックしてみてください。

『BORUTO -ボルト-』の展示コーナー

『NARUTO -ナルト-』から息子の『BORUTO -ボルト-』へ受け継がれる壮大な物語に注目しながら、“歴史絵巻”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ジャンプのオリジナルグッズも満載!

展覧会公式ショップでは、「週刊少年ジャンプ展VOL.3」の開催を記念したオリジナルグッズが200種以上登場します。

折りたたむと単行本のような見た目になる『ONE PIECE』のエコバッグや、『HUNTER×HUNTER』のキャラクターが描かれた湯のみなど、日常でも使えるアイテムが盛りだくさん。

アパレルやポスター、文具やお菓子といったさまざまなジャンルが販売されています。「ジャンプ展VOL.3 公式グッズ」でお気に入りのアイテムを手に入れてみてはいかがでしょうか。

名シーンは撮影も可能!

壁に描かれた週刊少年ジャンプを撮影する女性

人気作品が一堂に楽しめる「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-」。

平日や土日祝、特定の期間によって可能なエリアは異なりますが、携帯電話・スマートフォン・タブレットでの写真撮影も可能となっています。ここでしか見られないアツいシーンが集う本展で夏の思い出を作ってみませんか。

名シーンを表現したメニューも登場「JUMP 50th anniversary cafe」

展覧会場となりにある「CAFE THE SUN」では、ジャンプ展とコラボした「JUMP 50th anniversary cafe(ジャンプ フィフティース アニバーサリーカフェ)」も登場。展示作品をイメージしたメニューがリアルに表現されています。

お妙さんのダークマターシーフードピラフ(パンデモニウム添え)

お妙さんのダークマターシーフードピラフ(パンデモニウム添え)

どんな料理を作ってもダークマターになってしまう『銀魂』の志村妙(お妙さん)の料理を再現した「お妙さんのダークマターシーフードピラフ(パンデモニウム添え)(税込 1,480円)」。

シーフードピラフの上には漆黒の卵焼きもトッピングされています。スパイシーなトマトソースと絡めて食べれば美味しさ2倍に。

「ゴンのありったけを込めたパフェ」

ゴンのありったけを込めたパフェ

『HUNTER×HUNTER』のゴンが強制的に身体を成長させた姿を表現した「ゴンのありったけを込めたパフェ(税込 1,530円)」。ゴンの怒りを表現した赤いベリーソースと髪の毛に見立てたチュロスが相まって、ビターなパフェに仕上がっています。

氷雪系最強! 「霜天に坐せ!! 氷輪丸」氷

氷雪系最強! 「霜天に坐せ!! 氷輪丸」氷

『BLEACH』の日番谷冬獅郎(ひつがや とうしろう)がもつ斬魄刀「氷輪丸」の卍解をかき氷で表現した「氷雪系最強! 「霜天に坐せ!! 氷輪丸」氷(税込 1,180円)」。

ブルーハワイ味のかき氷は見た目も涼やか。食べていくとトロピカルフルーツミックスや杏仁豆腐などが登場する仕掛けも施されています。

各シーンやキャラクターの技を彷彿とさせるメニューもあるので、シーンを想像しながら食べてみてはいかがでしょうか。

週刊少年ジャンプ展VOL.1、2も振り返ろう!

80年代、90年代の作品にフォーカスを当てた第1弾、第2弾の内容も過去の記事にて紹介しています。あわせてチェックしてラストを盛大に飾る第3弾を思う存分楽しんでみてください。

『DRAGON BALL』 に『SLAM DUNK』も。名シーンと共に青春が蘇る「週刊少年ジャンプ展VOL.2」

『DRAGON BALL』 に『SLAM DUNK』も。名シーンと共に青春が蘇る「週刊少年ジャンプ展VOL.2」

東京都 > 六本木 / ニュース

圧巻! マンガ界の伝説が今ここに「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」

圧巻! マンガ界の伝説が今ここに「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展」

東京都 > 六本木 / ニュース

イベント情報

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-

創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.3 -2000年代~、進化する最強雑誌の現在(いま)-

2018年07月17日 〜 2018年09月30日

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52F 「森アーツセンターギャラリー」

03-5777-8600(日本語のみ/8:00~22:00 年中無休)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「ニュース」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事