おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2016.11.08 | 公開 2016.11.08

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説

ワインオープナーを使用すれば、ワインの抜栓をスマートに行なえます。知っているようで意外と知らない、ワインオープナーの種類と特徴をご紹介します。オープナーを新たに購入する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

ワインのコルクを上手に抜栓するには、開け方はもちろんワインオープナーの種類を知っておくと便利です。代表的なワインオープナーの種類を特徴と併せて詳しくご紹介。使いやすいオープナーを選んで、ワインをより楽しみましょう。

大別して5種類あるワインオープナー

ひとくちにワインオープナーといっても、使い勝手や抜栓のしやすさ、価格などによってさまざまあります。そこで、大きく分けて5種類あるワインオープナーのそれぞれの特徴や使い方をご紹介。自分に合ったオープナーが見つかるはずです。

1. テコ式(ウイング型)

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説の1番目の画像

「バタフライ」の別名もあるこのタイプ。スクリューをコルクにねじ込むと、左右の柄が持ち上がってきます。この持ち上がった柄を押し下げることで、テコの原理でコルクが抜けます。力もいらず、初心者でも簡単にコルクを抜くことができ、手軽で日常使いにぴったりなオープナーです。

2. スクリュープル

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説の2番目の画像

テコ式(ウイング型)よりも、さらに力いらずで簡単に抜栓できるのが「スクリュープル」。“誰にでも開けられ、コルクも崩れないオープナーを”とアメリカ・テキサス州のワイン愛好家だった石油発掘技術者が開発。コルクの中央にスクリューを刺し、頭の部分を回すだけで抜栓できます。

3. ソムリエナイフ

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説の3番目の画像

ソムリエがワインを開けるのに使う「ソムリエナイフ」。難しそうなイメージがありますが、ポイントを押さえて練習すれば、スマートに抜栓できます。

キャップシールをナイフではがしてキャップを外し、スクリューを回しながらコルクの中央に差し込んで、てこの原理で途中まで引き抜きます。最後は手でコルクをやさしく引き抜きましょう。

4. コルクスクリュー(T字型)

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説の4番目の画像

昔からある、スクリューにハンドルがついただけのシンプルな形のオープナー。スクリューをコルクの中央にねじ込み、力で引き抜くタイプです。

力任せに引き抜くため、抜栓のときに「ポンッ」と音が出てしまい、ワインがこぼれやすいのが難点。欧米では、さまざまな素材やデザインがあり、コレクションする人も多いアイテムです。

5. 電動式

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説の5番目の画像

電池で動くオープナーは、ボトルにセットして、ボタンを押すだけで簡単にコルクを抜栓できる電動式。ほかのオープナーに比べて大きめですが、力いらずで失敗することもないので、誰でも簡単にコルクを抜くことができる優れものです。

自分にぴったりのオープナーでワインを楽しもう!

ワインの抜栓は、慣れていないとこぼしてしまったり時間がかかってしまったりすることもあるでしょう。自分にぴったりのワインオープナーを見つけて抜栓に慣れ、ワインをいただく時間を楽しいものにしましょう。

監修
レコール・デュ・ヴァン
田辺公一

取材・文/手塚よしこ

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法

ライフスタイル

【ワインの飲み方】正しいマナーと注ぎ方・持ち方を詳しく解説

【ワインの飲み方】正しいマナーと注ぎ方・持ち方を詳しく解説

ライフスタイル

産地別「ハム」に合うワインの選び方!美味しさの特徴や相性を解説

産地別「ハム」に合うワインの選び方!美味しさの特徴や相性を解説

ライフスタイル

【チーズとワイン】相性の良い組み合わせと基本の選び方

【チーズとワイン】相性の良い組み合わせと基本の選び方

ライフスタイル

出演/田辺公一

田辺公一
出演
田辺公一

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事