おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

2018年01月11日更新

トマト鍋はリメイク料理で2度楽しむ!「卵ふわふわオムライス」の作り方

冬の寒い日には温かい鍋の出番です。おなかいっぱい楽しんだら、残った鍋に少し手を加えて翌日の一品メニューに変身させてみましょう。トマト鍋の残りで作るリメイクレシピ「卵ふわふわオムライス」をご紹介します。

トマト鍋をおいしいソースに変身させよう

トマト鍋はリメイク料理で2度楽しむ!「卵ふわふわオムライス」の作り方の1番目の画像

冬は鍋が一番おいしい季節。ほっこり温まります。最近ではベーシックな鍋以外にも、豆乳やレモン、チーズをベースにするなど、さまざまな変わり種の鍋を楽しむ人が増えているようです。

中でも注目したいのがリコピン豊富な「トマト鍋」。食べきれなかった鍋を、翌日のメニューにアレンジしやすいのも魅力です。食べ終わったあとのつゆをおいしいソースに変身させ、「卵ふわふわオムライス」を作ってみましょう。

にんにくで香りづけし、具材を炒める

トマト鍋はリメイク料理で2度楽しむ!「卵ふわふわオムライス」の作り方の2番目の画像

オムライスにかけるトマトソースの材料は、残ったトマト鍋のスープ・オリーブオイル・にんにく・玉ねぎ・ベーコン・トマト・粉チーズ・バター・塩コショウです。

まずは、フライパンに刻んだにんにくを入れて、オリーブオイルで炒めます。良い香りがしてきたら、みじん切りにした玉ねぎと、小さくカットしたベーコンを入れてしんなりとするまで炒めましょう。

鍋の残りスープをプラスしてソースに

トマト鍋はリメイク料理で2度楽しむ!「卵ふわふわオムライス」の作り方の3番目の画像

次に、角切りにしたトマトを追加し、トマト鍋のスープをお玉ですくい入れて混ぜ合わせ、火を通します。カットトマトを入れることでトマトの食感が残るソースになり、リッチな仕上がりになるでしょう。

さらにボリュームを出したい場合は、好みでしめじやマッシュルーム、エリンギなどのキノコ類を加えてもおいしくなります。

バターと粉チーズを入れ、なじむまで炒める

トマト鍋はリメイク料理で2度楽しむ!「卵ふわふわオムライス」の作り方の4番目の画像

具材に火が通ったら、粉チーズとバターを入れてなじむまで炒め、仕上げに塩コショウで味つけします。できたソースをオムライスにかければ完成。ソースがしっかりしているので、ライスに手をかけなくても満足感ある食べごたえです。

オムライスの中はバターライスにしてみてはいかがでしょうか。時短でバターライスを作るのなら、あたたかいごはんにバターとパセリを混ぜて塩コショウで調味するだけで簡単にできます。

トマト鍋を使ったソースの作り方を覚えておくと、オムライスだけではなくパスタやドリアにもアレンジできるので便利です。じっくり煮込んだトマト鍋がベースになっているので、味わい深いソースになるでしょう。トマト鍋をしたあとは、翌日のリメイクレシピにもぜひ挑戦してみてください。

監修:Niki・B・Shun

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

アプリなら、ルトロンがもっと便利に快適に!

行きたいが見つかるおでかけ動画アプリ。
フォトジェニックなカフェやハウツー動画を毎日配信!