おでかけ動画マガジン

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法

更新 2016.11.09 | 公開 2016.11.09
お気に入り
  • Share on

ソムリエナイフは、ワインなどのコルクを開ける折りたたみ式のナイフのことです。上手にワインのコルクを抜栓する方法や使い方のポイントをわかりやすく動画で解説。ソムリエナイフの使い方をマスターしましょう。

ソムリエナイフでワインを抜栓する方法

難しそうに見えるソムリエナイフでの抜栓ですが、いくつかのポイントを押さえれば、誰でもスマートにワインを開けることができます。上手にできるようになるには、慣れが一番。練習して、自宅でのパーティーなどで披露してみてはいかがでしょうか。

1. ナイフを人差し指にかけて安定させる

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の1番目の画像

ソムリエナイフで抜栓するときは、座ったままでは開けにくいので、立って行うのがベスト。キャップシールをはがす際は、ナイフを人差し指にかけて安定させましょう。親指で刃先を触っても切れるほどシャープではないので、しっかり握ってOK。

2. キャップシールに切れ目を入れる

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の2番目の画像

キャップシールに切れ目を入れる際は、垂直ではなく斜め45度の角度に当てて、手をくるりと回して切れ目を入れます。ワインをできるだけ動かしたり、揺らしたりしないように気をつけましょう。

3. 真上に切り取るようキャップを外す

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の3番目の画像

キャップリースの切れ目を入れた下部の隙間に刃をあてて、一気に手早くキャップを外します。このとき、真上に切り取るようなイメージで引っ張るとうまくできますよ。

4. スクリューに中指を添わせる

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の4番目の画像

スクリューをコルクに差し込むときの持ち方は、スクリューに中指を添わせます。そうすることでスクリューが安定し、見た目もスマートです。

5. コルクにスクリューを刺す

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の5番目の画像

スクリューの先端を下に向けてコルクの中心に置き、斜めに突き刺します。このとき、いきなり真っすぐに突き刺してしまうと、スクリューが垂直に入っていかずに倒れてしまいます。スクリューはあえて斜めにして、回しながら起こしていくことでキレイに垂直に入っていきますよ。

6. スクリューでコルクを一気に引き抜く

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の6番目の画像

スクリューを目いっぱい差し込んだら、テコの部分をボトルの口に引っかけてコルクを引き抜きます。テコの原理で抜きますが、その際、引き抜く手を真上に持ち上げるイメージにすると、コルクがスムーズに上がります。

7. 手でやさしくコルクを引き抜く

【ソムリエナイフ】使い方のコツと上手なワインの抜栓方法の7番目の画像

最後は手でやさしくコルクを引き抜きます。「ポンッ」と勢いよく抜いてしまうと、真空状態の液体が吹き出してしまいがち。シャンパンのように、最後はコルクを横に倒すようなイメージで、ゆっくり空気を抜きながら引き抜きましょう。

ワインをスマートに抜栓してみよう

いざワインを開けるときに、中身がこぼれてしまったり時間がかかってしまったりすると、せっかくのワインが台無しですよね。ぜひパーティーや自宅でワインを楽しむときに、ご紹介したワインのスマートな抜栓方法を活かしてみてください。

監修
レコール・デュ・ヴァン
田辺公一

取材・文/手塚よしこ

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説

ワインの簡単な開け方!オープナーの特徴を種類別に解説

ライフスタイル

【ワインの飲み方】正しいマナーと注ぎ方・持ち方を詳しく解説

【ワインの飲み方】正しいマナーと注ぎ方・持ち方を詳しく解説

ライフスタイル

産地別「ハム」に合うワインの選び方!美味しさの特徴や相性を解説

産地別「ハム」に合うワインの選び方!美味しさの特徴や相性を解説

ライフスタイル

【チーズとワイン】相性の良い組み合わせと基本の選び方

【チーズとワイン】相性の良い組み合わせと基本の選び方

ライフスタイル

出演/田辺公一

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

田辺公一
出演
田辺公一
  • Share on

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事