おでかけ動画マガジン

ライフスタイル

更新 2016.11.13 | 公開 2016.11.13

産地を合わせるのがコツ!ハムとワインの美味しい合わせ方【大人の女のワイン入門】

ワインに合うおつまみとして、ポピュラーなハム。もっと美味しく楽しむために、ハムの種類や、よりおいしく合わせるワインのポイントなどをご紹介します。

産地に合わせるのがポイント

ほどよい塩分と熟成された豚肉の風味がワインによく合うハム。美味しくハムもワインも楽しむためには、ハムとワインの産地を合せるのがポイントです。その土地ならではの特徴がハムにもワインにもあるので、相性が悪いはずはありません。騙されたと思って、一度試してみてください。

フランス産のハム

産地を合わせるのがコツ!ハムとワインの美味しい合わせ方【大人の女のワイン入門】の1番目の画像

スペインやイタリアほどではありませんが、フランス産の生ハムでは、スペイン国境にほど近いバイヨンヌ産の豚を使ったジャンボン・ド・バイヨンヌが有名です。塩味が効いた赤身が特徴的で、南西フランスの赤ワイン、例えば、カオールやマディランなどを合わせると良いです。

スペイン産のハム

産地を合わせるのがコツ!ハムとワインの美味しい合わせ方【大人の女のワイン入門】の2番目の画像

スペインでは、豚の後ろ脚で作った生ハムを「ハモン」といい、白豚なら「ハモン・セラーノ」、黒豚なら「ハモン・イベリコ」となります。ハモン・セラーノは、イタリアの「プロシュット・デ・パルマ」、中国の「金華ハム」と並んで世界三大ハムと呼ばれています。

一方、生産者が少なく、飼育に手間がかけられるイベリコ豚を原料にしたハモン・イベリコなどは、熟成期間も長いため、非常に高価なハムとしても有名です。

イベリコ豚には、スペイン・アンダルシア地方のシェリーか、スペイン産の赤と合わせると相性が抜群です。

イタリア産のハム

産地を合わせるのがコツ!ハムとワインの美味しい合わせ方【大人の女のワイン入門】の3番目の画像

イタリア産のハムは「プロシュット(プロシュート)」と呼ばれ、「乾いたもの」の意味があります。生ハムでは、パルマ産の「プロシュット・ディ・パルマ」が有名です。イタリア産の全般的なハム料理には、エミリア=ロマーニャ州の天然弱発泡性の赤ワイン、ランブルスコがおすすめです。

ドイツ産のハム

産地を合わせるのがコツ!ハムとワインの美味しい合わせ方【大人の女のワイン入門】の4番目の画像

スペインやイタリアの生ハムに比べて、食べやすいドイツ産のハム。これらに一番相性がいいのは間違いなくビールですが、ワインと合わせるなら、ドイツの辛口の白ワイン、リースリングがぴったりです。

取材・文/手塚よしこ

ワインオープナーの開け方&種類別特徴を解説【大人の女のワイン入門】

ワインオープナーの開け方&種類別特徴を解説【大人の女のワイン入門】

ライフスタイル

ソムリエナイフの使い方からスマートに抜栓【大人の女のワイン入門】

ソムリエナイフの使い方からスマートに抜栓【大人の女のワイン入門】

ライフスタイル

知ってた?ワインの飲み方にもマナーがあるんです!【大人の女のワイン入門】

知ってた?ワインの飲み方にもマナーがあるんです!【大人の女のワイン入門】

ライフスタイル

種類の多いチーズ、何を選んでる?チーズとワインの合わせ方【大人の女のワイン入門】

種類の多いチーズ、何を選んでる?チーズとワインの合わせ方【大人の女のワイン入門】

ライフスタイル

出演/田辺公一

田辺公一
出演
田辺公一

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「ライフスタイル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事