おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.15 | 公開 2017.12.15

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」

東京・久が原の閑静な住宅街にあるとんかつの名店が「自然坊(じねんぼう)」です。素材にこだわったとんかつは、胃にもたれないさっぱりとした食べごたえが魅力!女性やお年寄りでもペロリと食べられる一品です。一品料理も豊富で、飲みの席として利用してもOK。わざわざ足を運びたくなるお店です。

閑静な住宅街の中にある落ち着いた雰囲気のお店

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」の1番目の画像

東京・久が原の閑静な住宅街の中にあるとんかつ店が「自然坊(じねんぼう)」です。「とんかつ」の文字がある白い看板と、お店の入り口にかけられたえんじ色ののれんが目印となっています。

窓が大きく、外の光が差し込む明るい店内には、ゆったりとした時間が流れる空間が広がります。木目調の店内に白い椅子が際立つ、清潔感のある雰囲気が魅力です。

カウンター席とテーブル席、座敷席が用意されているので、おひとり様から家族連れやグループと、幅広い利用ができる場所となっています。

都心に行かずとも地元でおいしい食事と楽しい時間を

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」の2番目の画像

「都心に行かずとも地元でおいしい食事と楽しい時間を」これがお店のコンセプトです。お店の自慢はとんかつだけに限らず、一品料理やお酒の品揃えも豊富ということ。食事の場面だけでなく、飲み会にも利用できるお店となっています。

住宅街でお店をスタートした理由は、大のとんかつ好きだった初代のお気に入りのとんかつ屋が住宅街の中にあったことがきっかけ。「閑静な住宅街でこんなお店を持ちたい」と大田区で場所を探した結果、久が原でお店を構えることとなりました。

軽い食べ心地が魅力! 女性やお年寄りにも愛されるとんかつ

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」の3番目の画像

ここの看板メニューはもちろん、お店自慢のとんかつです。綿実油100%で揚げた軽い食感が特徴で、胃もたれせずに食べられるのが魅力です。お肉はもちろん、油やパン粉までしっかりとこだわった、女性やお年寄りにも食べやすいとんかつを提供しています。

「ローストンカツ」と「ヒレカツ」、どちらの看板メニューも高い人気です。「ローストンカツ」は肉厚で食べごたえ抜群。脂身が甘く肉質もきめ細かいのが特徴です。「ヒレカツ」はとにかくやわらかく、噛めば噛むほど口の中にうまみが広がります。

さっぱりとした味わいが自慢の「タラバガニサラダ」

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」の4番目の画像

とんかつだけではなく充実の一品メニューも、味に自信アリです。とんかつと一緒にぜひ注文してほしいのは「タラバガニサラダ」。

レタスときゅうり、紫玉ねぎの千切りがたっぷりと盛られた上にタラバガニがふんだんにのせられています。さっぱりとした味わいが特徴です。

「ナスのしぎ焼き」もお店自慢の一品。鶏だしと赤みそを合わせた肉みそのコクのある味わいとナスが相性抜群!お酒やごはんがついつい進んでしまう味わいです。

とんかつを引き立てる中川自然坊特製のお皿

さっぱり軽い口当たり。老若男女問わず愛されるとんかつの名店久が原「自然坊」の5番目の画像

お店で提供するメニューはもちろん、使用する食器にもこだわりがあります。店内の食器ほとんどが、店名にも使用している唐津の陶芸家・中川自然坊の作品です。とんかつ用に焼き上げてもらったというお皿が、この店のとんかつの魅力を最大限に引き立てています。

「自然坊」は東急池上線「久が原駅」から歩いて6分ほどの場所にあります。とんかつをメインに食事を楽しんだり、一品料理とお酒で楽しんだりと、ニーズによって幅広く利用できるのもうれしいポイントです。ぜひ、ここならではの味わいとお店の雰囲気に触れてみてください。

スポット情報

自然坊

自然坊

東京都大田区久が原4-19-24

03-5700-5330

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事