おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.23 | 公開 2017.12.23

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」

大阪・北新地に構える「蕪家(かぶらや)」は、創作和食のお店。売り切れたら終了の希少な一品や、その日にしか食べられない魚なども登場するのが、魅力のひとつです。新鮮な食材があるからこそ提供できるメニューや名物料理などを交えて、着目ポイントをご紹介しましょう。

まるで京都にいるかのような和の空間「蕪家」

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」の1番目の画像

大阪・北新地の創作和食店「蕪家(かぶらや)」。店内は、京の町家をイメージしています。木材を多く活用し、素朴な雰囲気やあたたかみを表現。

訪れた人がゆっくりと楽しめるような空間づくりが、このお店のコンセプト。1Fは地酒をじっくり味わうのにぴったりなカウンター、2Fはにぎやかな夜を過ごすのに適した座敷席となっています。

男性も立ち寄りやすい食事処

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」の2番目の画像

2000年にオープンしたこちらのお店は、京野菜の1種である聖護院蕪(しょうごいんかぶら)が店名の由来。看板にも蕪の形を取り入れて、その由来を表現しています。

来店する人は男女半々で、20~50代まで幅広く利用されています。友人や会社での飲み会、デートなどの目的で利用する人が多いとか。

その日仕入れの鮮魚をおいしい状態で

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」の3番目の画像

「お造り盛り合わせ 五種」(税込900円~)は、その日に仕入れた魚によって構成が異なる一品。写真はカツオ・ハモ・天然真ダイ・ヒラマサ・天然ブリです。

時価のため、商品価格は変動することがあります。三種盛りもあるので、人数や気分によって量を調節できるのが嬉しいポイント。

食欲をそそる「極上黒毛和牛のあぶり焼き」

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」の4番目の画像

「極上黒毛和牛のあぶり焼き」(税込2,000円~)は、「蕪家」名物料理のひとつ。黒毛和牛のおいしさをそのまま残す火の通り加減で提供しています。

レア状態が絶妙な仕上がりという、あぶり加減へのこだわり。見た目でも味でも満足させてくれるでしょう。

料理と一緒に楽しみたいお酒も豊富

名物「黒毛和牛のあぶり焼き」は必食の一皿。大阪・北新地の京町家風創作和食店「蕪家」の5番目の画像

「蕪家」では毎日10種類の日本酒が揃っていて、焼酎なども含めると20~30種類のお酒が並んでいます。利き酒師が厳選した地酒や焼酎は、提供される料理を想定して仕入れているため、試してみる価値ありです。

料理もお酒に合うように味つけがなされているため、お酒と肴のマリアージュを存分に楽しめます。

JR東西線「北新地駅」11-21番出口から歩いて3分、JR各線「大阪駅」からは歩いて10~15分のところにお店があります。「ちょっと飲みたいな」と思う日にも立ち寄りやすいため、気軽に出かけてみましょう。

スポット情報

蕪家

蕪家

大阪府大阪市北区曽根崎新地1-2-16 2F

06-6343-0267

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事