おでかけ動画マガジン

ビューティー

更新 2018.08.01 | 公開 2018.08.01

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?

ヨガを始めてみたら自分の身体の硬さに驚いたことはありませんか?いつか先生の美しいお手本と同じように綺麗なポーズをとれるようになるのが理想的ですが、身体が硬くても最初から無理をせず、道具を使ってポーズを補助するのもおすすめです。

「前屈のポーズ(ウッターナ・アーサナ)」をするときに、ももの裏側が痛くなりませんか?この場合、ももの裏側(ハムストリング)が固いのが原因となります。「前屈のポーズ」で気持ちよくももの裏側を伸ばすための方法をご紹介します。

背骨を伸ばす「前屈のポーズ」

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の1番目の画像

「前屈のポーズ」は、身体を折りたたんで背骨を伸ばすポーズです。膝を伸ばした状態での前屈が難しいときは、膝を曲げて前屈を行ってもよいですよ。なぜなら立った「前屈のポーズ」の意味は、「背骨が入念に伸ばされる」なので、背中を丸めずにできるほうが大切です。

プロップスを使ってみよう!

ブロックを使う

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の2番目の画像

ブロックを2つ~4つ用意しましょう。

立った状態の足先にブロックを肩幅程度で置き、ブロックの高さは柔軟性に合わせます。背中を伸ばした状態で手をのせたときに、1つで高さが足りなければ、ブロックを重ねて使用してもよいでしょう。

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の3番目の画像

動作中は背中を丸めないようにすることと、呼吸を止めないようにしてください。ももの裏側(ハムストリング)の硬い方におすすめの練習をご紹介します。

やり方

1.ブロックを自分の高さに合わせてセット、マットに立ち、両手を脚の付け根に置き、胸を起こして背中を丸めない姿勢を作ります。

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の4番目の画像

2.手を置いている脚の付け根を十分に後ろに引きながら膝を曲げて、背中を伸ばしたまま、床と上半身が平行になる位置まで脚の付け根から身体を倒します。

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の5番目の画像

3.ブロックに両手をおろし、膝を曲げたまま、さらに脚の付け根を後ろに引き、胸を自分のあごの方へ伸ばします。

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の6番目の画像

4.ブロックに手を置きながら、膝を伸ばすことで もも裏のストレッチをしましょう。

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の7番目の画像

ももの裏側(ハムストリング)の中央辺りがストレッチされている状態をつくりましょう。膝裏付近が痛くなりすぎないように注意しながら行ってください。

写真・文 ヨガインストラクター アイス

オリジナル記事:yoggy magazine「立って前屈するとき、腿の裏側が痛くなります。」

出典:https://www.studio-yoggy.com/article/article/props/20170429-01/

【お悩み】立って前屈するときにももの裏側を痛めないようにするには?の8番目の画像

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

「ビューティー」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事