ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2019.10.17 ・ POST 2018.10.10

全室オーシャンビューの露天風呂付き!伊勢志摩で叶える極上ステイ

  • 10

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 50

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊勢神宮&島旅を満喫できるプライベートリゾート

はいふう

大自然の癒やしや安らぎを感じられるプライベートリゾートホテル「はいふう」は、三重県・志摩市の的矢湾に浮かぶ渡鹿野島(わたかのじま)にあります。「鵜方(うがた)駅」から送迎バスで15分、ホテル専用の船に乗れば3分で到着します。

“お伊勢さん”と称される「伊勢神宮」や、江戸から明治期の伊勢路の代表的な建築物が楽しめる「おかげ横丁」、ドラマチックなプロジェクションマッピングが話題の「志摩スペイン村」などの観光スポットへのアクセスも良好です。

大人も子どもも楽しめる「クルーズチェックイン」

「はいふう」のクルーズチェックイン

「渡鹿野渡船場」から「はいふう」までは、ホテルの専用クルーズがゲストを運んでくれます。約3分間の船旅が、滞在前から気分を盛り上げてくれます。島旅のスタートにぴったりなクルーズチェックインのおもてなしは、ゲストからも人気を集めています。

個性豊かな温泉が楽しめる

すべてのお部屋にオーシャンビューの露天風呂が

「はいふう」の客室露天風呂

お部屋には、的矢湾を一望できる温泉露天風呂が全室に付いています。満天の星と月を眺めながら、人目を気にせずゆっくりとお湯に浸かる静かな夜は、まさに至福のとき。

庭園を眺めながら浸かる療養泉

療養泉

隣接する姉妹館「福寿荘」内にある伊勢志摩最大級の庭園露天風呂「風待ちの港」も利用できます。ここで楽しめるお湯は、温泉の中でも特に治療効果が高いといわれる、自家源泉の“療養泉”です。

庭園露天風呂

島にいながら、あえて庭園を眺めながら浸かれるというのも粋な楽しみ方。内湯のほか、樽風呂、岩風呂、寝湯など、趣の異なる浴槽を思う存分楽しめます。長旅の疲れも一気に吹き飛ぶ心地よさにやみつきになりそう。

最上階には展望大浴場も

ホテル最上階には的矢湾を一望できる展望大浴場も。朝食前に、的矢湾の界面に映り込む朝陽のライジングロードを眺めながら、ゆっくりと浸かるのも贅沢な過ごし方。

全室に露天風呂が付いた豪華な客室

記念日旅行にこそ泊まりたい!特別室「ゆうゆう」

特別室「ゆうゆう」

3Fに位置する「ゆうゆう」は、10畳の和室に33平米の洋室、さらに露天風呂とシャワーブースまでついたラグジュアリーな一室。和とアジアンを融合させた内装は優雅で、上質な大人旅を過ごすのにぴったりなお部屋。

特別室「ゆうゆう」の露天風呂

オーシャンビューの露天風呂は石造りで特別な空間に。「シモンズ」社製のセミダブルのベッドが上質な眠りへと誘います。

和室「りいふ1」

和室「りいふ」

「りいふ1」は和室タイプのゆったりとしたお部屋。アジアンテイストのインテリアが随所にあしらわれ、落ち着いたひとときを過ごすことができます。

「りいふ1」の露天風呂

「りいふ1」の露天風呂はお部屋のインテリアに合わせ、木と石で造られています。八角形の浴槽に浸かりながら、ゆっくりと的矢湾の眺望を楽しんで。

ゆったりと女子旅を満喫するなら洋室「あくあ2」

洋室「あくあ」

広さ38平米のツインルームの洋室「あくあ2」。和とアジアンテイストが心地よく融合した、居心地のいい空間が特長です。「あくあ2」には陶器造りの露天風呂があります。伊勢志摩の自然を眺めながら露天風呂にゆっくり浸かる、至福の時間を。

極上の食材をふんだんにつかった和風フレンチ

「はいふう」の料理

伊勢志摩は、神話の時代から“御食つ国(みけつくに)”と称されるほど豊富な海産物が採れる地。夕食にはオープンキッチンのレストランで和風フレンチ料理が堪能できます。

伊勢エビやアワビをはじめ、的矢牡蠣、安乗ふぐ、さらには松坂牛まで、料理長が厳選した旬の食材を贅沢に使った創作和フレンチは絶品です。伊勢志摩で水揚げされた地魚のなかから、お好きな魚を2品選べるというのもこちらのレストランならではの特長です。

伊勢志摩観光には島旅もプラスして

「はいふう」のロビー

ハートの形をした“渡鹿野島”にある、和とアジアンテイストが見事に融合した異国情緒あふれるホテル「はいふう」。伊勢志摩観光に訪れる際には、静かに流れる島時間を満喫できる島ホテルに滞在しませんか。心地のいいリゾート施設で、極上ステイを満喫してみてはいかがでしょうか。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!