おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.23 | 公開 2017.12.23

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」

東京・代々木の裏路地に、昔ながらのラーメン店「麺恋処 いそじ」があります。通りの先までおいしそうな魚介系スープの匂いが漂う、隠れ家のような雰囲気が素敵なお店をご紹介します。

代々木の住宅街にひっそりとたたずむ懐かしいラーメン屋

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」の1番目の画像

お昼前から既に行列ができている人気店「麺恋処 いそじ」は、代々木の住宅街にたたずむ隠れ家のようなお店です。歴史を感じられる外観とは裏腹に、店内はとても清潔感があります。女性でも抵抗なく安心して入れるラーメン店です。

メニューは基本的に「中華そば」「味噌ラーメン」「つけ麺」「味噌つけ麺」の4種類に分類され、パンチの効いた魚介系のスープがクセになる味わいです。肩肘張らずに、ふらっと立ち寄れる雰囲気で地元民から愛され続けています。

中高年層を応援する意味合いを持つ店名「いそじ」

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」の2番目の画像

こちらのお店の創業は2007年。店主はもともとイタリアンシェフで、ラーメンを独学で学び今に至ります。「麺恋処 いそじ」は、創業者が50歳になる前に立ち上げたお店。「50歳からの道」と言う意味を込めて「いそじ」と名付けたのだとか。

50代を含む、日本を支える中高年層を応援したい思いが、この一杯に注ぎ込まれています。幅広い年齢層で楽しんでもらえるよう、立ち寄りやすい雰囲気を大切に丁寧な接客にも力を入れているラーメン店です。

モチモチの自家製麺がスープに絡む!「丸得 つけ麺」

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」の3番目の画像

こちらのお店のおすすめメニューのひとつ、モチモチの自家製麺が自慢のスープとよく絡む「丸得 つけ麺」。大ぶりのチャーシューや味玉などが乗った贅沢なつけ麺です。和風だしと豚骨のコクがあるパンチの効いたダブルスープは、一度食べたらクセになるおいしさ。

モチモチの中太麺はこだわりの自家製麺で、弾力とのどごしが抜群です。ボリューム満点で、食べ終わる頃にはお腹いっぱいなのに、旨みが溶け出したスープは最後まで飲み干せてしまうほど。女性でもやみつきになるほどの味わいと言えます。

至福の一杯! 懐かしい味わいの「丸得 中華そば」

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」の4番目の画像

バランスの整った濃厚魚介系スープを太麺に絡めて堪能できる「丸得 中華そば」は、チャーシュー、味玉、なると、海苔が乗った昔ながらの中華そばです。テーブルに置かれると、ほのかに香る煮干しの香り。食べる前からワクワクしてしまう一杯です。

自家製の太麺に絡むスープは粘度が高めの濃厚スープで、毎日食べても飽きないと通う地元の人もいるほどです。

イタリアン出身の店主が創り出す独創的な自慢の一杯

毎日食べても飽きない。代々木で愛される昔ながらの魚介系ラーメン「麺恋処 いそじ」の5番目の画像

こちらのお店では豚や鶏、牛などの濃厚スープに、煮干しやアゴなどの魚介スープがマッチしたパンチの効いたダブルスープが自慢。この味が出せるのも、イタリアン歴30年という経験の賜物です。

麺にもこだわり、自家製を徹底。中力粉を使用し、歯を押し返すような力強い歯触りと、モチモチつるつるの食感がクセになります。連日の行列の理由がわかる至福の一杯を堪能できることでしょう。

JR山手線「代々木駅」西口より徒歩4分、都営大江戸線「代々木駅」A1出口より徒歩3分の場所にお店があります。頻繁に足を運んでしまうほどクセになる味わいで人気の「麺恋処 いそじ」を、お気に入りリストのひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

麺恋処 いそじ

麺恋処 いそじ

東京都渋谷区代々木1-14-5

03-3378-6555

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事