おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.25 | 公開 2017.12.25

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能

東京の八王子にたたずむ古民家「カキノキテラス」は、おいしい欧風カレーを提供するお店。テラス席で見守るように立っている大きな柿の木がお店のシンボル。20種類以上ものスパイスや野菜、果実をじっくりと煮込んだこだわりのカレーはもちろんのこと、カフェとしての利用も人気です。

大きな柿の木が見守る、モダンで落ち着いた古民家

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能の1番目の画像

東京都八王子にある、築100年にもなる古民家をリノベーションした「カキノキテラス」は、モダンで落ち着いた雰囲気が特徴の欧風カレー店。木の温もりを感じられるお店で提供される自慢の欧風カレーを目当てに、連日多くの人々が訪れます。

シンボルの柿の木から差し込む、心地よい木漏れ日を感じることができるテラスは、大切な家族の一員である愛犬と一緒に過ごすこともできます。

“欧風カレー店とカフェ” 二つの顔でおもてなし

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能の2番目の画像

お店の名前「カキノキテラス」は、その名の通り、お店のテラスに立つ柿の木から取りました。築100年の古民家ならではの立派な梁を見ると、八王子で100年という時を過ごした歴史を直接感じることができます。

欧風カレーを基本としながらも、見た目や提供方法にこだわったオリジナルカレーが自慢。カレー店としてだけでなく、カフェとしての利用も人気で、カフェタイムには数種類のスイーツやエスプレッソを堪能できます。

旨味と甘味が凝縮!「山形米澤豚のカツカレー」

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能の3番目の画像

山形のブランド豚肉、米澤豚のカツをぜいたくに乗せた「山形米澤豚のカツカレー」は、お店の人気メニュー。隠し味に使用されているバルサミコ酢が、豚肉の甘さを引き立ててくれます。

肉の旨味と甘味がギュっと詰まった米澤豚は、ビタミンEが通常の豚肉の2.7倍も含まれており、おいしいだけでなく身体にもいいのが特徴。ランチでは、サラダとドリンクもつくのでお得に食事を楽しめます。

こだわりはスイーツにも!「沖縄県産黒糖バナナケーキ」

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能の4番目の画像

スイーツのおすすめは「沖縄県産黒糖バナナケーキ」です。沖縄県産の黒糖をぜいたくに使用し、しっとりと焼き上げたお店自慢のメニュー。黒糖の濃厚な甘みはバナナの風味を一層引き立ててくれます。

ケーキの横にはバニラアイスが添えられ、ほんのり温かいバナナケーキと冷たいバニラアイスの組み合わせは、絶妙。スイーツ好きをうならせるこだわりの一品です。

ゲストに末永くつき合ってもらえるお店を目指して

築100年の情緒あふれる古民家カフェ。八王子「カキノキテラス」のじっくり煮込んだ欧風カレーを堪能の5番目の画像

「カキノキテラス」は、お店に来てくれるゲストのことを第一に考えた料理を提供することにこだわっています。ゲストへふるまうカレーは、お店へ出す3日前から仕込むこだわりよう。もちろん食材の品質にも妥協をゆるさず、全国から安心できるものを取り寄せています。

こうして作られた料理やスイーツは、30品以上。どの料理にもしっかりとまごころを込め、ゲストの方に末永くつき合ってもらえるようなお店づくりを目指しています。

平日はランチタイムを過ぎた14時以降が狙い目。週末は家族連れやカップルをはじめとして、どの時間帯でも混み合うほど人気のため、事前に予約することをおすすめします。

絶品欧風カレーが味わえる古民家「カキノキテラス」は、JR中央線・横浜線・八高線「八王子駅」北口から徒歩15分ほどで着きます。目印は大きな柿の木。モダンな古民家で味わう欧風カレーやスイーツをぜひ味わってみませんか。

スポット情報

カキノキテラス

カキノキテラス

東京都八王子市田町5-1

042-634-8186

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事