おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.23 | 公開 2017.12.23

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」

大阪の堂島にあるカヌレ専門店「CANELÉ du JAPON doudou(カヌレ ドゥ ジャポン ドゥドゥ)」は、きなこや抹茶など日本独特の味わいをプラスした、かわいらしいカヌレが勢揃い。フォトジェニックな見た目と食べやすいひと口サイズは、幅広い年齢層に親しまれます。大切な人への贈り物や手土産にもぴったりです。

永く愛される店として変化を楽しめる店内

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」の1番目の画像

おもたせスイーツで話題のカヌレ専門店「CANELÉ du JAPON doudou(カヌレ ドゥ ジャポン ドゥドゥ)」は、大阪・堂島に2014年11月にオープンしました。「永く愛される店であるように」という思いを込めて、店内は大谷石・銅・栗の木など経年変化の楽しめる素材が使われています。

表面はカリっと焼き上げ、中はしっとりもっちりとした食感のカヌレは、フランスのボルドー地方で生まれたお菓子。「CANELÉ du JAPON doudou」は、伝統的なフランスの洋菓子に日本の四季を感じる味わいを重ね合わせたカヌレの専門店です。

ほろ苦いビターチョコレートのカヌレ「くろ」

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」の2番目の画像

チョコレートが好きな方には「くろ」(税込 140円)がおすすめ。ショコラの生地に、粗めに砕かれたカカオニブを焼きこんだほろ苦い仕上がり。ザクザク食感がやみつきになりそうなカヌレです。

あたたかいコーヒーや紅茶と一緒に大人のティータイムを楽んではいかがでしょうか。甘すぎないビターな味わいは、男性にも人気があります。

鮮やかな彩りと抹茶の風味豊かな「抹茶ピスタチオ」

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」の3番目の画像

和風カヌレの定番ともいえる「抹茶ピスタチオ」(税込 150円)。抹茶生地にピスタチオ餡を組み合わせ、ピスタチオフォンダンとピスタチオナッツがトッピングされています。見た目にも美しく、女性に一番人気のカヌレです。

ひと口食べると、ふんわりと抹茶の風味が口の中に広がります。色合いが鮮やかなので、ギフトの詰め合わせにも彩りを添えてくれる一品。

どこか懐かしいやさしい味わい「きなこ五穀」

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」の4番目の画像

「きなこ五穀」(税込 150円)はあずき鹿の子に五穀米のポン菓子が使われた、珍しい一品。きなこのやさしい甘みとポン菓子がどこか懐かしい、素朴な風味を味わえます。男女問わずおすすめしたいカヌレです。

他にも、日本各地の旬が楽しめる「旅するカヌレ」、季節にあう素材を使った「季節のカヌレ」などが月替わりでお目見えし、毎回違った味わいが楽しめるのもこのお店の魅力でしょう。

老若男女問わず愛されるカヌレを大切な人への贈り物に

移ろいゆく四季を表現した和風カヌレ。大阪・堂島「CANELÉ du JAPON doudou」の5番目の画像

定番カヌレの5品は、「しろ」、「くろ」、「ほうじチャイ」、「きなこ五穀」、「抹茶ピスタチオ」です。毎月1日には月替わりで「旅するカヌレ」と「季節のカヌレ」が登場するので、月が変わったら新しい味を求めて訪れてみてはいかがでしょうか。

迷う人には、おすすめの詰め合わせセットが便利。8個入1,180円から24個入3,570円まで選べます。

「CANELÉ du JAPON doudou」の最寄り駅は京阪中之島線「渡辺橋駅」。売り切れ次第閉店になりますが、夕方ごろになると品切れや完売する日が多いようです。前もって電話をすると取り置きしてもらえるので、来店が夕方になる場合は予約をしておくと安心です。自分へのごほうびや贈り物に最適な和のカヌレを、ぜひご堪能ください。

スポット情報

CANELÉ du JAPON doudou

CANELÉ du JAPON doudou

大阪府大阪市北区堂島浜2-1-13

070-6508-8880

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事