おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.19 | 公開 2017.12.19

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」

東京・上石神井の「ふんだりけ」は、本格的なインドカリーが楽しめるお店です。多くの住宅が立ち並ぶ上石神井にひっそりとたたずむお店は、カレーマニアがわざわざ訪れる名店。店主がこだわり抜いた本格スパイスが贅沢に使われたカレーは、一度食べればファンになってしまう絶品です。

住宅地にひっそりとたたずむお店

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」の1番目の画像

東京・上石神井にある「ふんだりけ」では、本格的なインドカリーが楽しめます。

住宅街にひっそりとたたずむカレーの名店。ガラス戸に取り付けられた、店名のネームプレートが目印です。全部で16席というお店には、おいしいインドカリーが楽しめるという評判を聞きつけ、連日多くの人が訪れます。

店主の哲学が反映されたこだわりのインドカリー

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」の2番目の画像

お店が始まったのは、2012年のこと。以来、わざわざ訪れる価値のあるお店として、人気を博しています。

店名の「ふんだりけ」は、サンスクリット語。仏典では「芬陀梨華」と表記され、泥沼に咲く白い睡蓮のことを意味します。百葉花とも呼ばれるその白い睡蓮は一万年に一度だけ白い花を開くと伝えられるとか。カレー同様、店名にも店主の哲学がつまっています。

インド全域で愛される、豆を使った定番カレー

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」の3番目の画像

日本ではあまり馴染みはありませんが、インドでは様々な豆を使ってカレーを楽しみます。「ダール」も、広いインドの全域で愛されている定番カレーのひとつ。

お店では、ムング豆を使用。たっぷりの香辛料を使用し、サラリとしたルーに仕上げます。美しく黄色に輝くルーは、豆の風味と見事に調和。チキンとマトンを合わせていただきます。

南インドで愛される代表的なカレーも楽しめる

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」の4番目の画像

南インドで愛される定番カレー、「チキンペッパーフライ」も人気のメニューです。

水を使わず煮揚げする、ドライタイプのカレー。しっかりと炒められた玉ねぎと、鶏肉の旨みが溶け合い、黒コショウがスパイシーなアクセントを加える逸品です。

付け合わせに添えられるのは、インドのお漬物であるアチャールと、一見ヨーグルトのように見えるドレッシングのライタ。ルーとご飯と付け合わせ、すべてを混ぜていただきます。

インド人好みの本格インドカリーを上石神井で食す

マニアの心をつかんで離さない。住宅街にひっそりたたずむ本格インドカリー上石神井「ふんだりけ」の5番目の画像

日本の国民食ともなり、多くの専門店が軒を連ねるカレー。そんな中、インド人好みの本格的なインドカリーが楽しめるお店として一目置かれる存在のお店です。

コンセプトは、法然上人が書き上げた「西方指南抄」からの引用で「食を与ふるは命を与ふるなり」だと語る店主。日々訪れる、本物志向の大人たちも納得のカレーを作り続けています。

西武新宿線「上石神井駅」が最寄り駅。北側に向かって7分ほど歩き、上石神井中学校交差点の手前にお店はあります。日本にいながら本格的なインドカリーが楽しめる貴重なお店です。

スポット情報

ふんだりけ

ふんだりけ

東京都練馬区上石神井4-10-19

03-6315-1387

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事