おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.26 | 公開 2017.12.26

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」

東京・白金台にある「BISTROT SYU(ビストロシュー)」は、季節の食材を使ったフレンチが堪能できるビストロです。フレンチの鬼才・植木氏のもとで修行を積んだシェフが作り出す料理はどれも美しく、食べるのが惜しいほど。見て美しく、食べておいしい料理は、五感を芸術的に刺激してくれます。

洗練された心地良い空間で芸術的フレンチを堪能

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」の1番目の画像

東京・白金台にある「BISTROT SYU(ビストロシュー)」は、旬の食材を取り入れた美しいフレンチが楽しめるビストロです。

お店はビルの2Fにあります。壁の大部分が大きなガラス窓になっていて、開放感のある空間。キッチンに対面のカウンターとテーブル20席という作りは、広すぎず狭すぎず、落ち着いた配色が居心地の良さを演出してくれます。

オーナーシェフが自らの名を冠した至極のビストロ

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」の2番目の画像

お店のはじまりは2013年8月のこと。店名には、オーナーシェフ・飯間秀一氏の名が冠されています。フランスやジャカルタ、シンガポールなど世界各国で活躍した輝かしい経歴の持ち主です。

大学卒業後に、料理の世界に飛び込んだシェフ。ホテルでフランス料理の基礎を学んだ後、2007年からフレンチの鬼才・植木氏の指導の下、2店舗を立ち上げました。

尾崎牛100%! 高級和牛をハンバーグで食す贅沢

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」の3番目の画像

季節に応じて、その時々の旬の食材を美しい料理に仕立てるシェフ。「世界の尾崎牛100%のハンバーグ」も、シェフの芸術的センスが光る逸品です。

宮崎県で生産されている尾崎牛。牛にストレスをかけず、丹精込めて育てられている高級和牛です。お店では、この尾崎牛の食感を大切にするため、機械と手作業、2種類の方法で肉を挽いています。特製のワインソースと、季節感あふれる付け合わせの野菜も含め、トータルで芸術的なメニューです。

食べるのが惜しいほどに、色鮮やかな野菜たち

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」の4番目の画像

全方向、どこから見ても美しいメニューが「10月の畑より 農園からの贈り物」です。その名のとおり、農園から贈られてきた色とりどりの野菜を贅沢に使ったメニュー。

それぞれの野菜を、生で、茹でて、焼いて、揚げてという様々な調理法で楽しめます。お皿を飾るソースは、アンチョビとレモングラスのソース。今、旬の食材を堪能できる、とっておきのサラダです。

生産者から受け取ったバトンを、次へと繋ぐ

高級和牛を惜しみなく。旬の素材を五感で楽しむ白金台のフレンチ「BISTROT SYU」の5番目の画像

料理の道に入って以来、フレンチ一筋で歩んできたオーナーシェフ。海外での経験も積んだからこそ実感できる、日本ならではの良さを楽しめる料理を生み出しています。

日本各地にいる食材の生産者から受け取った食材というバトンを、おいしい1皿に仕上げることがミッションだと語るオーナーシェフ。フランス料理の技術で、日本で育てられた食材を芸術的な料理に昇華させています。

東京メトロ南北線「白金台駅」が最寄り駅。歩いて10分ほど、閑静な住宅街の中にお店はあります。気品漂う白金台の地で、シェフが作り出す芸術的なフレンチを味わいましょう。

スポット情報

BISTOROT SYU

BISTOROT SYU

東京都港区白金台5-11-4 バルビゾン21 2F

03-5422-9539

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事