おでかけ動画マガジン

トラベル

公開 2018.08.10

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」

仙台の奥座敷・秋保温泉に位置する「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」。16趣の湯めぐり、心地よい客室、豊かな自然は、私たちに究極の癒やしを与えてくれます。

究極の癒やしでおもてなし

「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の外観

「ゆったり、やさしい時間」をコンセプトに、スタッフの方々が、ゆとりの心をモットーにおもてなしをしてくれる「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」。薬師の湯三湯の温泉、旬を楽しむお料理、くつろぎの客室を豊かな自然の中で堪能することができます。

仙台の奥座敷・秋保温泉に位置し、仙台駅から車で30分ほどの距離にありますが、無料送迎バスや観光バスも完備。旅の計画に合わせて、アクセス方法をチェックしておくと良いでしょう。

ゆっくりとした時が流れる、上質なくつろぎ空間

近代的な和の空間「新白梅亭」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の2番目の画像

12.5帖の広々とした畳が主役の「新白梅亭」。一切無駄のないお部屋は、どこか近代的な和を思わせる空間が広がります。

ワンランク上の安らぎ「紅梅亭」

紅梅亭

10帖の和室に、座椅子と机が配置されたシンプルなお部屋。自然を望む窓のそばには、談笑ができる小さなスペースが。障子で、寝床と仕切ることができるので、滞在中それぞれがプライベートで休める空間造りができます。

居心地の良い「白梅亭」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の4番目の画像

10帖の和室と、テレビ前に対面で置かれたソファがくつろぎの空間を生み出す「白梅亭」。家族連れやグループでの滞在に最適なお部屋です。ぬくもりのある照明が落ち着いた雰囲気を演出してくれるので、ホテルではゆったりと過ごしたい人におすすめです。

古墳時代から愛される名湯

「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」には、「名取の御湯」と称された古墳時代後期から愛される秋保温泉が流れています。16趣3つの大浴場で堪能でき、温泉が滞在中の楽しみのひとつになるでしょう。

幻想的な大浴場「水心鏡」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の5番目の画像

広い大浴場と自然を感じることのできる満月風呂は、どこか幻想的な雰囲気漂う「水心鏡」の主役ともいえるお風呂です。

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の6番目の画像

1人ずつ楽しめる陶器風呂は、名湯をひとり占めできる贅沢なお風呂。かけ流しの湯の音と自然が相まって、心やすらぐひとときを過ごすことができます。

多様な湯浴みを楽しみたいなら「月宮殿」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の7番目の画像

9種類のお風呂が楽しめる「月宮殿」。サウナ、岩風呂、檜風呂と、温泉をいろいろな形で楽しめます。

自然の美しさを感じる「梅の粧」

「梅の粧」の内風呂

ガラス張りで自然の景色を一望できる内風呂と、自然の中に溶け込む外風呂がある「梅の粧」。お風呂はもちろんのこと、自然に癒やされたい方に最適なお風呂です。

「梅の粧」の露天風呂

特に外風呂は、昼と夜でがらりと雰囲気が変わるので、両方訪れることをおすすめします。

プライベートで味わう貸切風呂

貸切風呂「流芳」

貸切風呂「流芳」

「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」では、大浴場のほかに3種の貸切風呂もあります。家族連れやパートナーとプライベートな空間でくつろぎたい方に最適です。

「桜鏡」は、檜の丸いフォルムが和モダンな印象のお風呂。窓から望む山々と檜の香りがなんともいえない心地よさを与えてくれます。

ゆったりとした四角い浴槽の「玉英」は、床が竹で、湯上りの足を心地よく刺激します。四隅があるので家族連れでゆったりと過ごせそう。

「流芳」は、広々とした貸切風呂です。白石と木の組み合わせが、落ち着いた和を演出。大人数でも静かに過ごしたいときに最適でしょう。

※貸切風呂は予約制です。当日フロントにお声がけください。

海の幸と山の幸に恵まれたお料理

忘れられないディナータイムに「思いのまま」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の11番目の画像

「包丁人たちも思いのままにその技を磨き、お越しになるお客様へ自由で快適な時空を提供」をコンセプトに生まれた御食事処「思いのまま」。海の幸、山の幸に恵まれた仙台だからこそ作り出せるオリジナルのお料理は、食べた瞬間に忘れられない夕食になることでしょう。

仙台の旬を味わいつくす朝食バイキング

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の12番目の画像

新鮮な野菜や旬の素材を使ったお料理が和洋合わせて約30種類並ぶ、朝食バイキング。料理人が目の前で作り上げるライブキッチンもあり、目覚めの朝が楽しみになるバイキングです。

安らぎを求めるなら「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」

やさしい時間が流れる温泉宿「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」の13番目の画像

食、客室、温泉、すべてにおいて、くつろぎを中心に考えられたおもてなしは安らぎを求める方にぴったりのホテルです。都会の喧騒を離れ、「秋保温泉 ホテルニュー水戸屋」で心身ともにリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋

秋保温泉 ホテルニュー水戸屋

宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師102

022-398-2301

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「トラベル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事