おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.27 | 公開 2017.12.27

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」

東京・三軒茶屋駅すぐにある「MOSS Dining Bar(モスダイニングバー)」は肉料理をたっぷり堪能できる肉バルです。SNS映えするオリジナル料理はインパクト大。入り口の大きな自動販売機をはじめとする隠れ家のような空間で、ワクワクする時間を過ごしませんか?

異国気分も味わえる!人とつながるアットホームな空間

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」の1番目の画像

東京・三軒茶屋にある肉バル「MOSS Dining Bar(モスダイニングバー)」。店名につけられた「MOSS」とはコケのこと。根を張って増えていくコケのように、人と人がつながっていくお店になるようにとの願いが込められています。

肉好きにはたまらない多彩な肉料理はもちろん、まるで洞窟の中にいるかのような店内も魅力のひとつ。カラフルな異国風の内装は、友人の画家やアーティストにより手掛けられています。

座敷や半個室、テーブル・カウンター席とシーンに合わせゆったりと落ち着けるのも嬉しいポイントです。

ホロホロの柔らか肉料理「骨付きラムの香草グリル」

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」の2番目の画像

ラム肉は、脂身が少ないオーストラリア産の赤身肉を使用。塩コショウで下味をつけ、香草と赤ワインで香り高く焼き上げています。

素材本来の旨みはありつつもくせのないあっさりとした肉によく絡むグレービーソースは自家製のもの。鮮やかな赤のピンクペッパーも彩りを添えています。肉は200gから注文可能、100gごとに追加も可能。

鮮度抜群!「トマトと出来たてブッラータのサラダ」

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」の3番目の画像

来店したらまず初めに注文したいお店の名物メニュー「トマトと出来たてブッラータのサラダ」。

かわいらしい巾着型のモッツアレラチーズはフレッシュなイタリア原産のもの。賞味期限がとても短く、鮮度が命のレアなチーズなのだそう。

カットすると中から流れ出てくるトロリとした生クリームとチーズは絶品です。フルーツトマト・セミドライトマトと合わせてもよく、バゲットとの組み合わせもおすすめ。ユニークな見た目と食感にやみつきになってしまいそうな一品です。

見た目に味に2度驚く看板メニュー「ウニの肉巻き」

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」の4番目の画像

「MOSS Dining Bar」には肉だけでなく、海鮮も同時に楽しめるメニューがたくさん。

「ウニの肉巻き」は、横浜ビーフ黒毛和牛を炙り、北海道直送の新鮮な生ウニをたっぷり乗せて巻いた贅沢な一品。口に入れるとすぐにとろけてしまうウニと肉それぞれの甘み・香ばしさをぜひ一度堪能してみてください。

さまざまなシーンで創作料理を楽しもう

思わず誰かに自慢したくなる。三軒茶屋のフォトジェニックな肉バル「MOSS Dining Bar」の5番目の画像

目と舌で味わえる創作料理が自慢の「MOSS Dining Bar」。18:00~22:00には「ハッピーアワー」として、生ビール・角ハイボールが半額(250円)になるほか、ローストビーフサラダをサービスしています。ひとりでの来店も大歓迎! ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

また、2時間・3時間の飲み放題コース料理の提供、店内一部貸し切り可能など大勢でワイワイ楽しむのにもピッタリのお店となっています。

「MOSS Dining Bar」は、東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」から徒歩3分の場所にあるお店です。大きな自動販売機の入り口が目印。おいしい肉料理をおしゃれでアットホームな空間で楽しみましょう。

スポット情報

MOSS Dining Bar

MOSS Dining Bar

東京都世田谷区太子堂4-28-2 サンフェル三軒茶屋 1F

03-6677-4753

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事