おでかけ動画マガジン

グルメ

公開 2017.12.28

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレー

札幌にある「カレー食堂 心」は、洋食のフォンドボーの手法で作られたコク旨スープカレーが楽しめるスープカレー専門店。トマトの酸味とスパイスが味わいにアクセントを添え、ていねいに下ごしらえされた野菜や肉の旨みを堪能できます。ミシュランも認めた人気店で、身も心もとろけましょう。

トマトで赤く色づいたスープカレーを思わせる店内

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレーの1番目の画像

札幌のスープカレー専門店「カレー食堂 心」は、行列のできる人気店。小さな扉を開けてお店に入ると、食欲をそそる本格的なスパイスの香りとモダンな内装が出迎えてくれます。

トマトで色づいたスープカレーを思わせる、赤茶色の内装が印象的なお店には、カウンター席とテーブル席、お座敷が60席。和モダンなおしゃれ空間で、絶品スープカレーを味わう至福のひとときを過ごせるでしょう。

ブイヨンとトマト、スパイス香るスープカレー

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレーの2番目の画像

2001年オープンのお店は、洋食のフォンドボーの手法を使い、鶏ガラや豚骨、牛骨、玉ねぎに8種の香味野菜、14種の食材をじっくりと煮込み作ったブイヨンが自慢。これにトマトとスパイスを加え、爽やかでまろやかなコク旨スープカレーを作っています。

濃厚で奥深い味わいのスープカレーに、ひとつひとつていねいに下ごしらえをした野菜や肉を浸していただく一皿は絶品。辛さが選べるので、自分好みの辛さで楽しめるのもうれしいポイントです。心の奥深くまでおいしさが沁み込む、感動の味をご賞味ください。

一番人気! 「骨付きチキンのスープカレー」

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレーの3番目の画像

お店の一番人気は、大きなチキンレッグが存在感を放つ「骨付きチキンのスープカレー」。スプーンでもほぐせるほどにやわらかく煮込まれた、大きな骨付きチキンは何度も食べたくなるおいしさです。

チキンとともにスープカレーのおいしさを引き立てているジャガイモは、“北海50号”と呼ばれる特別品種。一般に流通していないジャガイモを、契約農家から直接仕入れています。ほくほく・もっちりとした食感は、お店のスープカレーと相性抜群です。

17種類以上の季節野菜が贅沢に「とり野菜のスープカレー」

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレーの4番目の画像

お店のもうひとつのおすすめは、「とり野菜のスープカレー」。17種類以上の新鮮な季節野菜と、人気の骨付き肉を同時に楽しめる、こだわりの看板メニューです。

旬の野菜は、それぞれに素材のおいしさを極限まで引き出すため、ジャガイモは丸ごと下茹でした後に軽く揚げて提供するなど、ひとつひとつていねいに下ごしらえされています。素材のよさはもちろん、調理法やカッティングにこだわり、極上のおいしさを追求。ファンの多い人気店の秘訣は、味への妥協なき姿勢にあります。

心に沁み込む極上のおいしさ!人気スープカレー店

トマトの酸味とスパイスが決め手。札幌「カレー食堂 心」のコク旨スープカレーの5番目の画像

「カレー食堂 心」で味わうスープカレーは、心にまで沁み込む極上のおいしさが自慢。オープンより、札幌のスープカレー界で不動の地位をキープし続けてきたお店は、2017年にはミシュランガイドにも掲載され、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気店です。

辛さを100段階から選択できるので、その日の体調や嗜好に合わせて、毎回違う味を楽しめるのも魅力のひとつ。トマトベースのスパイシーなコク旨スープカレー、そのクセになる味を堪能しにお店を訪れてみてください!

札幌市営地下鉄南北線「北18条駅」から徒歩3分の位置にお店はあります。札幌市営地下鉄南北線・東豊線「札幌駅」からタクシーで1メーター程度の好アクセスが魅力。「カレー食堂 心」で、本場札幌のスープカレーの魅力を心から味わいましょう。

スポット情報

カレー食堂 心 札幌店

カレー食堂 心 札幌店

北海道札幌市北区北15条西4-2-23 シティーハイムN15 1F

011-758-8758

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事