ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.08.28 ・ POST 2018.08.28

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かる

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 8

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

からくり仕掛けが名物の老舗温泉宿

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの1番目の画像

北海道・登別。新千歳空港からバスで約1時間、札幌市街地からもアクセスの良い日本有数の温泉郷として栄えたこの街で、今も歴史を刻み続けるのが、老舗温泉旅館「第一滝本館」です。

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの2番目の画像

創業は1858年、創始者である滝本金蔵が皮膚病に悩む妻のため、湯治を始めたのがきっかけでした。それから160年、現在でも金蔵のおもてなし精神はそのままに。高さ9m、重さ10トンの滝本名物「大金棒」が魅せる巨大からくり仕掛けなど、リラックスして過ごせる癒やしの空間を作り上げています。

まるで天国! 「第一滝本館」の温泉をご紹介

5種類の泉質を一度に満喫

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの3番目の画像

温泉に含まれる科学成分の種類とその含有量から、日本では10種類の泉質が確認されていますが、ここ「第一滝本館」では、なんとそのうち半分を占める5種類の泉質を楽しむことができます。

皮膚疾患や血行促進に効果の高い「硫黄泉」に、肌のかさつきに効く「芒硝(ぼうしょう)泉」。角質を溶かす「酸性緑ばん泉」、湯冷めをしにくい「食塩泉」、さらに美人の湯とも呼ばれる「重曹泉」。さまざまな効能を一度に満喫できる、なんとも贅沢な温泉体験は、日帰り入浴としても人気を集めています。

充実すぎる大浴場

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの4番目の画像

自慢の大浴場は、圧巻の広さ1,500坪。大小合わせて計35の湯船を持つ、まるでひとつのテーマパークのような充実のリラックス空間は、まさに“温泉天国”そのものです。露天風呂の一角には、初代が妻を想って作った湯殿「金蔵の湯」を再現したものも。

24時間オープンの大浴場を管理しているのが、「湯守(ゆもり)」という名の温泉職人たち。天井から湯底までの清掃に、湯量・温度の管理まで、五感をフル活用しながら「第一滝本館」の温泉を支えています。

「飲泉処ゆのか」で温泉を“飲む”

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの5番目の画像

上質な温泉は“飲む”ことで、その効能を実感することも。「飲泉処ゆのか」では、特に飲泉に適した「重曹泉」の自家源泉を、身体の中から堪能することができます。

その方法は、コップ約一杯程度の100ml~200mlを、食事の30分〜1時間前までに飲むだけ。初めての方でも簡単に飲泉を体験できます。また、一般的に美味しいとされる水質特性を全て満たした「たきもとのおいしい水」も、ぜひ味わってみてください。

温水プールや露天ジャグジーも

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの6番目の画像

一年中遊べる温水プールは、長さ25m。隣にはウォータースライダー付きのちびっこプールも備わっています。

また、水着のまま利用できる露天ジャグジーからは、地獄谷の迫力ある絶景を望むことも。子どもから大人まで楽しい時間を過ごせる充実のスペースです。

ゆったりと寛ぐ癒やしの和客室

格式高い和の空間「本館和室」

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの7番目の画像

「第一滝本館」には4つの宿泊棟があり、その中でも「本館」は最も新しくラグジュアリーな和の空間が魅力。「本館和室」は、広さ10畳又は12畳とゆとりのあるお部屋です。5名まで一緒にステイすることができるので、家族やグループでの利用にもおすすめ。

敷き布団は、腰痛に悩むアスリートからも選ばれている「ブレスエアー」のもの、掛け布団はオリジナルの羽毛布団を使用し、温泉に浸かった後の快適な睡眠をお約束。窓からは近隣の山々が顔を覗かせる、格式高い純和風の客室です。静かで安らげる空間で、最上級のくつろぎを堪能できます。

スタンダードな「南館和室」

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの8番目の画像

正面玄関に隣接した「南館」にある、スタンダードな客室が「南館和室」です。窓の外には登別温泉街の風情あふれる景観が広がっており、玄関に最も近い館なので街の散策を楽しみたい方などにおすすめ。

備え付けの浴衣に着替えて旅気分を満喫したら、早速温泉へ。湯上がりには畳の上で寝転んでみたりと、思う存分リラックスできる居心地の良いお部屋です。

北海道の旬をまるごと味わう

お部屋食で気兼ねなく

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの9番目の画像

北海道の豊かな海の幸・山の幸を思う存分いただける「第一滝本館」のディナータイム。畳の上でゆったりとプライベートに食事を楽しめるお部屋食は、旅館ならではの贅沢なひとときです。

上品な味わいの「スペシャル膳」や、ボリューム満点の「滝本御膳」、蟹を味わい尽くす「金蔵かに御膳」など、旬な食材をふんだんに使用したお料理を、目でも舌でも楽しむことができます。

ライブ感あふれるビュッフェ

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの10番目の画像

2015年にリニューアルしたビュッフェダイニング「原始林」と「雪国」。北海道のダイナミックな自然をイメージして作られた空間には、和洋のバラエティ豊かなメニューが並びます。

目の前で調理されるサクサクの天ぷらや、焼きたてのステーキ、さばかれたばかりの新鮮なお刺身など、ライブ感を楽しめるのも魅力のひとつ。また、モーニングタイムには焼きたてのクロワッサンが人気の朝食ビュッフェも。

「第一滝本館」で究極の温泉体験を

温泉天国「第一滝本館」にて5つの泉質・35の湯舟に浸かるの11番目の画像

北海道・登別温泉にて160年の歴史を誇る老舗温泉宿「第一滝本館」。1,500坪の大浴場では、5種類の泉質を持った35の湯船を24時間堪能できる、まさに“温泉天国”のような場所です。

純和風の客室で寛いだ後は、北海道の美食を存分に味わう。そんな、なんとも贅沢すぎる温泉宿で、あなたも至極の休日を過ごしてみませんか。

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!