おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.27 | 公開 2017.12.27

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子

「銀座 かずや」は、東京・有楽町にわずか一坪の小さな店舗を構える人気の煉り菓子専門店。選び抜かれた高級八女抹茶と煉り菓子の組み合わせは、濃厚で独特な味わいが楽しめます。まったりとしたなめらかな食感にリピートも必至! 特別な贈り物や手土産にもおすすめの一品です。

人気の煉り菓子を買えるのはたった一坪の隠れ家

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子の1番目の画像

「銀座 かずや」は、地下鉄「日比谷駅」から歩いてすぐのビルにあるたった一坪の煉り菓子専門店。シンプルで飾らない店構えは、大人の隠れ家の様な雰囲気も感じられます。

その個性的で小さなたたずまいの店舗に、誰もが一度は驚くことでしょう。店内にはひとりずつしか入れませんが、究極の煉り菓子を求める人が絶えず訪れています。

日本料理の経験を積んだ職人が作るオリジナル煉り菓子

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子の2番目の画像

お店の煉り菓子は、店主の小関一哉さんがひとつひとつ手作りで作り上げています。小関さんは、割烹や懐石料理など日本料理職人を7年経験してきた経歴の持ち主。

修行のかたわら、およそ2年の歳月をかけて作り上げたのが独自の煉り菓子「かずやの煉(れん)」です。完成当時は「抹茶のおとうふ」という名前で、菓子コンクールでも技術賞を受賞しています。

板前の経験を活かした今までにない新感覚の和菓子はまたたく間に注目の的となり、地元はもちろん、遠方からもお客さんが訪れるようになりました。

上品なゆずがさわやかに香る「東京 多摩 ゆずわらび」

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子の3番目の画像

高貴なゆずの香りと弾力のあるわらびもちの食感がマッチした「東京 多摩 ゆずわらび」。この商品は東京・多摩国際プロジェクトの一環として開発されたわらびもちです。

東京の多摩地区で収穫された澤井ゆずをふんだんに使用しており、口の中にはすっきりとした上品な香りが広がります。ひとつひとつ包丁でていねいに刻まれたゆずの香りは天下一品! ゆず農家と小関さんの想いや夢が詰まった大切な作品です。

「かずやの煉り翡翠」は絶妙な食感と風味で人気の商品

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子の4番目の画像

「かずやの煉り翡翠」は、福岡県産の高級八女抹茶をわらび粉で煉り込んだこの店の人気商品。煉り菓子独特の絶妙な食感と八女抹茶の奥深い風味は絶品です。

そのままでも充分おいしいですが、オリジナルの白蜜と一緒に食べるとまた違った味に出合えます。それぞれの異なる味わいを存分に楽しんでください。

味もさることながら、その見た目も人気の秘密のひとつ。「煉り翡翠」は、まるで宝石の翡翠のような美しさから名づけられています。

職人の技と美しさにこだわった煉り菓子は予約必須!

わずか一坪の予約完売店。有楽町「銀座 かずや」の高級八女抹茶を惜しみなく使用した煉り菓子の5番目の画像

「銀座かずや」の煉り菓子はどれも人気が高く、お目当ての商品が手に入らない場合があります。人気商品を購入するときは、予約をいれてから訪れましょう。

商品によっては当日でも購入できるので、購入前には一度お店へ問い合わせると確実です。遠方にいてお店まで行くことが難しい方は、インターネット販売も利用できます。

JR山手線・京浜東北線・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」日比谷出口から徒歩3分。晴海通りの大きな信号を渡り、JRの高架沿いを進んで2軒目、「松井ビル」の1F奥にある店舗です。徒歩または公共交通機関を利用しての来店をおすすめします。特別な贈り物やこだわりのおもてなしに、「銀座 かずや」の煉り菓子を選んでみてはいかがでしょうか。

スポット情報

銀座 かずや

銀座 かずや

東京都千代田区有楽町1-6-8 松井ビル1F

03-3503-0080(店舗)03-6205-8909(通販)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事