おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.30 | 公開 2017.12.30

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキ

東京・神田にある「BROOK KITCHEN(ブルック キッチン)」は、上質な国産牛を一定期間熟成させ旨みを閉じ込める、エイジングビーフが食べられるビストロです。このお店の主役はもちろんお肉ですが、野菜も新鮮そのもの。どの食材も厳選されたものを使用していて、こだわりを感じられます。

NYのブルックリンをイメージしたこだわりの店内

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキの1番目の画像

東京都「神田駅」からほど近いところにある「BROOK KITCHEN(ブルック キッチン)」は、熟成肉のステーキがイチ押しのビストロです。

お店はNYのブルックリン地区にあるようなお店をイメージ。店内には実際にブルックリンで買い付けた家具を配置しており、カジュアルな中に洗練された品の良さが感じられます。ファッション雑誌の撮影にも利用される、スタイリッシュでおしゃれな空間です。

気負わないスタイルがコンセプトのレストラン

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキの2番目の画像

このお店のコンセプトとなっているのは、「気負わないBROOKLYNスタイル」です。店内はブルックリンの雰囲気が随所に伝わる仕様になっています。

インテリアはブルックリン地区でトレンドが生まれる地域、Williamsburg(ウィリアムズバーグ)で買い付けたものばかり。そのほとんどがアンティーク品で、古き良き時代のニューヨークを感じることもできます。

40日間熟成で旨みを凝縮! 「ドライエイジングビーフ」

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキの3番目の画像

こちらのお店に来たらオーダー必須なのが、「ドライエイジングビーフ」という熟成肉です。このお肉にはこだわりがたっぷり詰まっています。

お肉は国産牛リブロースを使用し、レストランが指定する熟成庫で骨付きのまま一定の湿度と温度を保ちながら40日間熟成。ドライエイジングとは風に当てるという意味で、余分な水分を取り、代わりにたんぱく質とミネラルが凝縮されます。

熟成したビーフはナッツのような香ばしい風味。そのビーフを、表面はカリッと、中はジューシーに焼きあげます。噛むほどに旨みが口に広がり、熟成肉独特の香りがアクセントです。

熟成肉は豊富なワインや新鮮野菜とともに味わいたい

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキの4番目の画像

お店自慢のドライエイジングビーフは、豊富に揃ったワインと新鮮野菜とともに味わうのがおすすめです。

ワインは赤・白・スパークリングが揃い、生産地もさまざま。オーガニック系ワインのラインナップもあります。

また、いろいろな料理メニューに使われている野菜類は、各地から新鮮かつ安全な野菜をチョイス。その時に旬の野菜がメニューに載ります。新鮮な野菜は甘みや旨みが違います。

時間をかけることによって引き出される熟成肉の旨みと、新鮮だからこそ味わえる野菜の旨み。その両方を堪能してみてください。

本格料理を気取らないスタイルで味わってほしい

国産牛を40日間熟成。神田「BROOK KITCHEN」でいただく旨味あふれる熟成肉のステーキの5番目の画像

「BROOK KITCHEN」では熟成肉を使った料理のほか、本格的なフレンチビストロ料理が食べられます。

お店がオープンするきっかけとなったのは、伝統的なフレンチを気取らないスタイルで食べてほしいという思いから。そのため、カジュアルでおしゃれな街であるブルックリンをイメージしたお店が誕生しました。

この店が目指すのは地域に密着したお店。本格的なフレンチをリーズナブルに、ゆったりとした気分で楽しめるレストランです。

「BROOK KITCHEN」があるのはJR山手線・中央線各線「神田駅」西口から徒歩1分の場所です。大手町エリアからも徒歩圏内なので、お仕事の日のランチタイムや、休日のデートや友人との食事で利用できます。他ではなかなか食べることのできない、40日間熟成のドライエイジングビーフを味わってみてください。

スポット情報

BROOK KITCHEN

BROOK KITCHEN

東京都千代田区内神田3丁目12−4 第一岸ビル 1F

03-5256-4129

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事