おでかけ動画マガジン

グルメ

公開 2017.12.31

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむ

東京・四谷三丁目にある「匠そば 四谷店」は、名物のへぎそばをはじめとする、新潟の絶品グルメを楽しめるお店。独特ののど越しは、ほかではなかなか味わえないへぎそばならではの特徴。新潟の銘酒を中心に、おいしいお酒も豊富に揃う店内には、新潟のおいしさが集結しています。

大通り沿いながらプライベート感がうれしいお店

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむの1番目の画像

東京・四谷三丁目にある「匠そば 四谷店」は、新潟の絶品グルメを堪能できるお店です。

「四谷三丁目駅」からほど近く、大通り沿いにお店はあります。B1Fにあり、アクセス良好ながらプライベート感のある隠れ家的存在です。

テーブル席からカウンター、掘りごたつの座敷まで、広々とした店内。どんなシーンでも活躍してくれるお店です。

目黒で誕生したそば店。今では都内で店舗を複数展開

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむの2番目の画像

お店の始まりは、1991年に開業した目黒の本店。美容院を経営していたそば好き夫婦が、渋谷の名店で修行を重ねた末に開業させたお店です。

現在では、都内に4店舗を構えるそばの名店。四谷にお店ができたのは、1994年のことです。東京にいながら、本場・新潟の味が楽しめるそば店。ユニークな経歴を持つオーナー夫妻も、数々のメディアでも取り上げられ、一躍話題のお店となりました。

お店を訪れたなら外せない、新潟が誇る絶品そば!

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむの3番目の画像

そば好きが高じて、そば店を開業した夫妻が展開するお店。「新潟名物 へぎそば」は、お店を訪れたなら必ず食べておきたい、名物メニューです。

「へぎ」とは、おそばを盛る四角い木の器のこと。もともとは織物ののり付けに使用されていた、布海苔という海藻をつなぎに使用し、独特のコシの強さが特徴です。

弾力に富んだ食感とのど越しは、クセになるおいしさ。海藻のミネラルをたっぷり含んだ、贅沢なおそばです。

東京にいながら、新潟の郷土料理を堪能できる

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむの4番目の画像

お店を訪れた人のほとんどが注文するという人気メニューが「栃尾名物 ジャンボあぶらげ」。ボリューム満点の油揚げをバンズに見立てて、ホットドッグのようにトッピングを挟んで楽しみます。トッピングを選べるのも、嬉しいポイント。見た目も食べ応えも、大満足の一品です。

新潟のお祝い事には欠かせない、おめでたい逸品が「新潟郷土料理 のっぺ」。干しシイタケや、貝柱のお出汁と、根菜の煮込みが、心も体も温めてくれます。

ついお酒が進む! 新潟の絶品グルメが勢ぞろい

新潟名物へぎそばを都内で食べられる老舗。四谷三丁目「匠そば 四谷店」で地酒と共に越後郷土料理を楽しむの5番目の画像

波打つように美しく盛られた「へぎそば」をはじめ、新潟のおいしいものを心ゆくまで堪能できるお店。食材は、新潟から直接仕入れています。

豊富な日本酒のラインナップも、魅力のひとつ。日本酒ソムリエや利き酒師も在籍しています。新潟のお酒は、淡麗辛口。へぎそばや、郷土料理との相性も良く、ついついお酒が進んでしまいます。

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」の1番出口から、歩いて2分ほどの場所にお店はあります。大きな通りに面したビルの、B1F。翌朝4:00まで営業しているお店には、おいしいものを求める人々が夜通し訪れます。

スポット情報

匠そば 四谷店

匠そば 四谷店

東京都新宿区四谷3-13 水喜ビルB1F

03-3226-9205

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事