おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.31 | 公開 2017.12.31

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」

隠れた名店も多い東京・四谷三丁目にある「青森PR居酒屋 りんごの花」は、都内では希少な青森居酒屋です。料理やお酒で青森を身近に感じられ、青森出身の人以外も楽しめるアットホームな雰囲気が人気のお店。そんな青森の魅力がギュッと詰まったお店の魅力をご紹介します。

青森を感じるデザイン看板が目印

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」の1番目の画像

東京・四谷三丁目にある郷土料理店「青森PR居酒屋 りんごの花」。お店に大きく掛かる看板は、青森在住のデザイナーさんに依頼をして作成してもらったもの。青森と一目でわかる「ねぶた絵」を取り入れたすてきなデザインが目をひきます。

店内に入ると、金魚ねぶたや青森県内各地の風情、お祭りのポスターなどが張ってあり、まるで青森にいるような錯覚をしてしまうほど青森一色です。

青森と東京を直接繋ぐ場所「青森PR居酒屋 りんごの花」

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」の2番目の画像

店名の由来は、青森県が日本一の生産量を誇る「りんご」から、美しく彩る「りんごの花」が付けられました。青森はりんごのイメージが強いことから、東京で青森の料理やお酒を楽しむことができるのは「青森PR居酒屋 りんごの花」と、思い浮かべてもらえるようなお店作りを目指していると言います。

「りんごの花」の花言葉は「選択」「評判」です。花言葉のように、数ある飲食店の中から「選択」してもらい、良い「評判」を得られるお店にしたいという想いも込められています。

ファンが急増中! 太宰治も愛した「筋子納豆ごはん」

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」の3番目の画像

見た目のインパクトが印象的な、人気急上昇中の「筋子納豆ごはん」。青森県民でも知らない人の多い逸品です。筋子も納豆も、ごく一般的に食卓に並ぶものではありますが、これらを組み合わせて食べることはあまり知られていないのだとか。

太宰治氏の小説の一節にも出てくるほど、クセのある納豆と筋子の組み合わせが絶妙の逸品。筋子の程よい塩味が納豆に絡み、納豆の旨味を惹き立てます。一度食べたらやみつきになる人が続出している、イチオシの新定番メニュー。

青森を懐かみ訪れる人にイチオシ「貝焼き味噌」

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」の4番目の画像

「貝焼き味噌」は、青森県津軽地方などの郷土料理で、来店すると必ず注文すると言う人が多いほどのイチオシメニューです。

ホタテの貝殻に、ホタテや貝などを入れて煮込み、卵でとじた熱々の逸品。青森県民には馴染みのある「かさね味噌」で味付けされた懐かしい味わいが魅力です。

味噌のコクを吸収したしっとり食感の玉子に、貝の歯ごたえが絶妙。親子丼のような見た目ですが、食べるとギャップに驚きます。

青森をとことん味わい尽くす! 郷土愛感じる青森居酒屋

青森全域の郷土料理を都内で味わう。四谷三丁目「青森PR居酒屋 りんごの花」の5番目の画像

「青森PR居酒屋 りんごの花」では、カウンター、テーブル席を合わせて25席ほど用意されています。店内は青森一色。ねぶた提灯やポスターが置かれており、青森出身者にはたまらない雰囲気です。

青森県のおいしいものをもっと多くの人に知ってもらえるよう、青森にとことんこだわり、このお店で青森を味わい尽くせるよう、料理やお酒にこだわっています。

扱う食材の9割は青森からの直送品。厳選された新鮮で旬な食材が提供されます。まだ知らない青森の魅力を疑似体験できるような郷土愛溢れるお店です。

東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」、都営地下鉄新宿線「曙橋駅」から徒歩5分、外苑東通りを北に進んだ場所にあります。開店から夕方19時までと21時以降が比較的すいており、落ち着いて青森を堪能したい人にはおすすめの時間帯です。青森の魅力を体感しに足を運んでみてください。

スポット情報

青森PR居酒屋 りんごの花

青森PR居酒屋 りんごの花

東京都新宿区荒木町11-24 荒木町エーシービル1F

03-6380-6724

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事