おでかけ動画マガジン

グルメ

2017年12月31日更新

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」

大阪・四ツ橋にある「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」は、京和食とフレンチのお店。かつてホテルで腕を振るっていたシェフが作る料理は、素材や味、盛り付けにこだわっていながらもお手頃な価格設定となっています。スタイリッシュな店内で、肩ひじ張らずにフレンチを堪能できるのが魅力です。

リフォームの匠プロデュ―ス! テーマは幕末スタイル

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」の1番目の画像

大阪・四ツ橋の「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」は、京和食とフレンチ、それらを融合させた創作料理をいただけるお店です。

出入り口は2つ。一方は京都らしい和のイメージ、もう一方はガラス張りになっており、店内のシャンデリアが見える洋風に仕上がっています。

お店はテレビでお馴染みの匠、進藤勝之氏がプロデュースしており、テーマは「幕末スタイルのフレンチバル」。幕末の西洋の文化が日本に入りたての頃に、日本人が建てた建築物のような感じを再現しており、店内は京町屋にシャンデリアやランプが組み合わさっています。

おひとり様も訪れる、店名に2つの想いが込められた店

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」の2番目の画像

こちらのお店の店名は、山口県萩市にある「吉田松陰の松下村塾」に由来しています。「誰でも気軽に立ち寄ることができ、訪れた方は皆、大成して欲しい」との想いが込められているのです。

また、「son-ju-cue」は、フランス語で「私の都」という意味。「いつまでも訪れるお客さんの都でありますように」との願いも込められています。

幅広い年代のお客さんで賑わうお店ですが、特に多いのは20代半ばから50代の女性。ひとりで訪れるお客さんも多く見られます。

自家製のソースが決め手のお肉料理は、どれも絶品!

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」の3番目の画像

「牛フィレ肉のグリエ ロッシーニ風」は、北海道産の牛フィレ肉とフランス産のフォアグラを使用したお店自慢のメニュー。

自家製のフォン・ド・ヴォーとマデラワイン、さらにはトリュフを入れて仕上げた濃厚なソースが味わい深い逸品です。付け合わせのマッシュポテト、フォアグラ、牛肉を一緒に食べれば贅沢なおいしさを味わえます。

「カンガルー肉のロースト」もおすすめのメニュー。オーストラリアでは、カンガルーのお肉はダイエット食として人気があります。

クセが少なく、臭みもほとんどないため、牛肉に近い味わい。ジビエが苦手な方でもおいしくいただけることでしょう。

とても贅沢な「ザ・フォアグラ丼 ひつまぶしスタイル」

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」の4番目の画像

「ザ・フォアグラ丼 ひつまぶしスタイル」はシメにいただきたい人気の丼ぶりです。フランス産のフォアグラをたっぷり100g使用しており、何とも贅沢。シェフ特製の甘めのソースがかかっており、フレンチと和が融合したスタイルに仕上がっています。

この丼ぶりのすごいところは、2通りの食べ方ができること。まずはご飯とフォアグラをそのまま味わいます。次に絶品のお出汁をかけて、ご飯の下に隠れたフォアグラとご飯をいただきましょう。お腹も心も大満足の逸品です。

気軽に、カジュアルに! お手頃価格で味わえるのが自慢

幕末の西洋建築を再現。大阪・四ツ橋の創作料理バル「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」の5番目の画像

お店で腕を振るうのは、京都のホテルと大阪のホテルで腕を磨いた2人のシェフです。素材や味、料理の盛り付けはホテルクオリティながら、多くのお客さんにカジュアルに味わってもらいたいとの想いで、価格設定が低めになっているのが嬉しいもの。気軽に、カジュアルに楽しめる、和とフレンチのバルになっています。

大変人気の高いお店ですが、月曜から木曜の17時半~19時と、23時~3時の時間帯は比較的空いているので狙い目です。

「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」は、大阪市営地下鉄四つ橋線「四ツ橋駅」から徒歩2分ほどとアクセスの良さも人気の理由のひとつ。2番出口を出て、「四ツ橋筋」沿いに進むとお店が見えてきます。あなたも「和フレンチバル son-ju-cue 村塾」で、お手頃価格のおいしい和食とフレンチを味わってみませんか。

スポット情報

和フレンチバル sou-ju-cue 村塾

和フレンチバル sou-ju-cue 村塾

大阪府大阪市西区新町1-7-5

06-6541-4488

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング