おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.29 | 公開 2017.12.29

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」

東京・御茶ノ水で本格フレンチを味わうことができる「TERROIR Kawabata(テロワールカワバタ)」。神田川が望める川沿いにあるダイニングでは、都心にいながら開放的な空間でフランス料理が堪能できます。非日常的な気分を味わいたいときにぴったりのお店の魅力をご紹介しましょう。

パリのビストロのような赤いテントのダイニング

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」の1番目の画像

東京・御茶ノ水にある「TERROIR Kawabata(テロワールカワバタ)」では、厳選された食材で仕上げた本格フレンチ料理を味わうことが出来ます。店舗の目印は、まるでパリのビストロのような赤いテント。

小さなアンティーク調のシャンデリアが店内を照らし、落ち着きのある空間が広がります。窓側の席からは、神田川や聖橋が望め、まるで都心にいることを忘れてしまうような非日常なときを過ごせます。

バターが香るソースが最高! 「真鯛のパイ包み焼き」

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」の2番目の画像

フランス産のネギとバターで作った色彩のうつくしいソースの上に、サクサクの生地で包んだ真鯛と野菜のパイがのった「真鯛のパイ包み焼き」。口の中いっぱいにバターの風味が広がり、甘みと酸味が混ざった絶妙な味わいが特徴です。

サクッとしたパイの食感が香ばしく、魚介の旨味がたっぷり染み出したクリーミーソースは絶品。コースの魚料理に選択することもできます。

素材の味を活かした「自家製スモークサーモン」

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」の3番目の画像

店舗のテラスで素材の味を落とさないようにシェフ自ら燻製した「自家製スモークサーモン」。ハーブにつけ込み、塩抜きをして、燻製して完成するまでに4日間かかる逸品です。

適度に香る燻製の香りが、おいしさを倍増させます。そのまま食べるのはもちろん、パンやワインとの相性も抜群。

ワインは、ソムリエの資格も持つシェフが厳選したものばかりです。

新鮮なりんごを使った「りんごの温かいタルト」

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」の4番目の画像

何度も寝かせ練り上げた生地に、新鮮なりんごをのせて焼き上げたパリパリの「りんごの温かいタルト」。自家製アイスとタルト生地の相性が絶妙なデザートです。

とろけたアイスがパイ生地の間に入り込み、冷たさと温かさを一度に味わえるタルトは、一度食べると虜になる人続出。絶品フランス料理を食べた後の一品におすすめです。

大地の恵みのフランス料理を気軽に楽しめる

素材の味を最大限生かした本格フレンチ。御茶ノ水「TERROIR Kawabata」の5番目の画像

素材にこだわり、素材のよさを生かしきる「キュイジーヌ・テロワール」をコンセプトに、大地の恵みのフランス料理を提供してくれる「TERROIR Kawabata」。フランスで修行し、数々のレストランの料理長を経験したシェフは、ソムリエの資格も持つフランス料理のプロ。

フレンチというと格式高いイメージもありますが、気軽に御茶ノ水の移り行く四季折々の風景を眺めながら絶品料理が味わえます。

「TERROIR Kawabata」は、JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」御茶ノ水橋口から徒歩約6分、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」からは徒歩約3分の場所にあります。都心にありながら、開放的な空間で本格フレンチを楽しんでみてはいかがですか?

スポット情報

TERROIR Kawabata

TERROIR Kawabata

東京都千代田区外神田2-1-3 東進ビル新館 1F

03-3526-2775

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事