おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.29 | 公開 2017.12.29

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」

「ラテグラフィック」は、東京・町田にあるカフェレストランです。カフェ文化が根づく街として有名なオーストラリアのメルボルン。毎日朝早くからたくさんの人々が利用するメルボルンのカフェを目指しています。こちらのお店で特におすすめしたい、選りすぐりの3品をご紹介しましょう。

時間に彩りを与えてくれる、豊かな一杯を

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」の1番目の画像

オーストラリアのカフェ文化を受け継ぐ東京・町田のカフェレストラン「ラテグラフィック」。特にメルボルンは、オーストラリアにおけるカフェ発祥の地として有名で、世界一カフェの多い街としても知られています。

ラテグラフィックの店づくりには、そうしたメルボルンのカフェ空間をイメージ。コンクリートの建物に、木の温もりを感じるインテリアを多く使うことで、スタイリッシュだけどリラックスできるステキな雰囲気に仕上がっています。

お口の中でシュワッととろける絶品パンケーキ

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」の2番目の画像

店内はコーヒーにピッタリのスイーツメニューが充実。パンケーキの中でもイチオシが「シトラスフルーツパンケーキ」です。

注文が入ってからメレンゲを泡立てて作る、フワフワ食感がたまらないパンケーキ。切っていないにも関わらず、中からメレンゲがシュワシュワとあふれ出してきます。

やさしく甘い口どけのパンケーキ生地に、爽やかなシトラスフルーツが混ざり合って絶妙なバランスを実現。ほかのカフェやレストランではあまり味わえない新食感のスイーツです。

苦さ控えめで飲みやすいカプチーノ

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」の3番目の画像

おしゃれなラテアートが施された「カプチーノ」。香り高いエスプレッソに、なめらかなスチームミルクとチョコレートパウダーを合わせた、オセアニアスタイルのカプチーノです。

豆は、ニュージーランド産の有名なロースターであるAllpress Espresso社のものを使用。オセアニアのカプチーノは苦味が少ないことが特徴です。エスプレッソを使っていても飲みやすく、コーヒーが苦手な方もぜひお試しください。

元気になれるおいしさ! 人気のエッグベネディクト

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」の4番目の画像

軽食やランチにおすすめの「ベーコンエッグベネディクト」。焼きたてのライ麦パンに、グリルしたベーコンとスピナッチをのせ、半熟のポーチドエッグをトッピングした一品です。

旨味が凝縮し、塩気とのバランスもちょうどいいベーコンが味の決め手。オリジナルのオランデーズソースとの相性もピッタリです。トロトロの半熟たまごを絡めて、味わいの変化も楽しみましょう。

メルボルンを真似して、カフェでゆっくり朝食タイム

一杯のコーヒーが人生を豊かにする。モーニングで利用したいメルボルン風カフェ町田「ラテグラフィック」の5番目の画像

お客さんの男女比は2:8で、女性客がメイン。20~30代を中心に、ひとりでの利用や友人同士での来店が目立ちます。

カフェの街メルボルンでは、朝日を浴びながらゆっくりとカフェで朝食を楽しむことにこだわっています。「ラテグラフィック」でも、朝8時半からモーニングメニューを提供。モーニングセットは、ドリンク付きで480円からとお得な内容になっています。出勤前にもぜひ活用してみてはいかが?

「ラテグラフィック」へは、小田急小田原線「町田駅」から徒歩1分。JR横浜線「町田駅」からでも歩いて5分の距離です。一日のはじまりに、お昼の休憩時間に、どんな時でも豊かな時間を演出してくれるカフェに足を運んでみましょう。

スポット情報

ラテグラフィック

ラテグラフィック

東京都町田市原町田 6-11-11 T-wing Machida 2F

042-728-8015

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事