おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.28 | 公開 2017.12.28

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華

東京・四谷三丁目にある「遊猿(ゆうえん)」は、本格中華を堪能できる中華料理店です。ナチュラルな雰囲気で気取らず楽しめる料理の数々は、食べる人を楽しませてくれます。また、オープンキッチンから漂う香りで食欲増進。それぞれの味を最大限に引き出す絶品中華に目が離せません!

東京の中心にありながら緑あふれるナチュラルな店内

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華の1番目の画像

「遊猿(ゆうえん)」は、新宿区荒木町の商店街の中にある中華料理店です。お店に着くと、白い壁のステキなマークが目に留まるでしょう。動きのある有機的な形と猿のモチーフで輪を作り、中心に店名が描かれた印象的なデザイン。

店内に入ると、木のやさしい色味を基調としたナチュラルでアットホームな空間が広がります。観葉植物などの緑があふれ、都会のオアシス的空間。店内にはカウンター席とテーブル席があり、さまざまなシーンに利用できるお店です。

申年にうまれた店主が申年にオープンしたお店

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華の2番目の画像

「遊猿」という店名には店主のさまざまな思いが込められています。例えば、“猿”という名前の由来は、申年にうまれた店主が申年にオープンしたのがきっかけでした。そして、“遊”という名前の由来は、店主自身も楽しめる場所にしたいという思いから。

ほかにも、お店の呼び名「You-En」は、あなたとの縁という意味もあり、お客さんや従業員など、今までお世話になった人への感謝の意味も込めてつけられました。

旨辛な鶏肉はやみつきになること間違いなし

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華の3番目の画像

お店の人気料理「辣子鶏(ラーズージー)」は、唐辛子がたっぷり入った旨辛料理。盛りつけもダイナミックで食欲をそそります。

使われている鶏は、ジューシーでぷりぷり。辛いのに、味の旨味と深みが凝縮された料理は、一度食べるとやみつきになること間違いなし。

ご飯との相性も抜群で箸が進みます。辛いものが大好きな人には、おすすめの一品です。

旬の食材を使った季節の前菜が何品も楽しめる

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華の4番目の画像

前菜の料理として人気なのが「季節の前菜盛り合わせ」。予約の人数にあわせて用意してもらうことができるので、いろいろな前菜を楽しみたい欲張りな人も大満足の一品です。

旬の食材を使っているため、季節によってメニューも変化。いつ訪れても新しい味に出合うことができます。店主が毎日市場に通い、その日に一番おいしい食材を選んで調理しているので、鮮度も抜群です。

お客さんの要望に応えてどんなメニューも作り上げる

ナチュラルな店内と迫力のオープンキッチンが魅力。新宿「遊猿」でいただく旨辛本格中華の5番目の画像

店主は、予約がとれない人気店で10年間修業を積み、その後、食材にこだわったお店を自らオープンさせました。お店には裏メニューも豊富。食べたいものを伝えると、お店にある食材で調理してもらうことができるそう。

店内のどの席からもオープンキッチンの様子を伺うことができ、活気あふれる音と香りを感じながら料理を待ちます。

お店は、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」3番出口を出て、徒歩4分ほどの場所にあります。オープンキッチンから見える店主の動きも鮮やかで、料理が運ばれてくるのが待ち遠しくなります。おしゃれでおいしい本格中華をご堪能ください。

スポット情報

遊猿

遊猿

東京都新宿区荒木町6-39 GARDEN TREE 2F

03-6274-8987

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

おすすめの記事