おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.31 | 公開 2017.12.31

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひととき

東京・湯島エリアにある「サカノウエカフェ」は、お店や提供されているメニュー、食べるのが惜しくなるほどすべてがかわいいカフェ。ほっこりしたい気分の時に訪れたいこちらのお店の魅力をご紹介します。

リラックスしてくつろげる明るい雰囲気のお店

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひとときの1番目の画像

東京・湯島エリアにある「サカノウエカフェ」は、「かわいい」がたっぷりと詰まったカフェ。ガラス張りのドア、大きな窓のお店で、深い青色のひさしに白い色で店名がかかれています。

店内は白い壁で明るい印象。かわいらしいシャンデリアや、間接照明が下がっており、とてもおしゃれです。テーブル席が配置されていますが、お店の奥にはコンパクトなソファの席もあります。

どこからきても坂の上にある、ほっこりする空間

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひとときの2番目の画像

こちらのお店はどこから来ても坂の上にあることから、分かりやすく「サカノウエカフェ」という名前になりました。

「おいしいのはもちろん、テーブルに運ばれてきたときに、ちょっぴり笑顔になるようなメニューをお客さんに提供したい」という思いで、日々営まれています。女子会やデート、友人との憩いのひと時を過ごすお客さんが多く訪れる、ほっこりかわいいお店。

「こおりのショートケーキ」やスムージーを召し上がれ

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひとときの3番目の画像

「こおりのショートケーキ」は、お店の人気スイーツのひとつです。イチゴシロップと、軽めにホイップした生クリームがかかったかき氷のてっぺんに、大粒のイチゴを1粒トッピング。

かわいらしい旗も立てられています。大きなかき氷の中にもカットされたイチゴや甘酸っぱいイチゴシロップ、生クリームが入っており、ショートケーキのような味わいのかき氷です。

お店のイチオシドリンクである「ラズベリーヨーグルトスムージー」。相性抜群のラズベリーとヨーグルトの味わいで、とても爽やかな飲み口に仕上がっている人気メニューです。

かわいすぎて悶絶! 「苺にゃんバタートースト」

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひとときの4番目の画像

「苺にゃんバタートースト」は、ねこ好きなお客さんが悶絶するほどかわいらしいメニュー。こちらは、近隣のお店と一緒に開催している「ねこまつりat湯島」というイベントがきっかけで、提供を開始したもの。かわいい見た目にこだわって作られています。

トーストに寝ている子ねこはあんこでできています。お魚の形をしたバターとともに、もう一枚のトーストでサンドしていただきます。甘酸っぱいイチゴが味のアクセントになっている、おいしいあんバタートーストです。

ちょっぴりほっこりした気持ちになりたい時に訪れよう

思わず笑みが溢れるキュートなスイーツをお供に。湯島「サカノウエカフェ」でほっこりするひとときの5番目の画像

「ただ食事をする場にとどまらず、ちょっぴりほっこりした気持ちになって、帰っていただけるように意識している」と、「サカノウエカフェ」の店主は語ります。

例えば、お店の裏メニューとしてジワジワ人気を集めている「ねこちーの」という名のカプチーノも、そんな思いが伝わる逸品。テーブルに運ばれてきたとき、あまりのかわいさに笑顔がこぼれてしまうことでしょう。

大変人気のお店ですが、14:00~17:00頃であれば比較的空いているため狙い目です。また、毎年2月と9月には近隣のお店と「ねこまつり」を開催するため、チェックしてみてください。

「サカノウエカフェ」は、東京メトロ千代田線「湯島駅」の5番出口から、徒歩で約4分の場所にあります。湯島天神と神田明神の間にお店があるので、合わせて訪れても良いでしょう。あなたも「サカノウエカフェ」のかわいくておいしいスイーツやドリンクで、ほっこりした気持ちになりませんか。

スポット情報

サカノウエカフェ

サカノウエカフェ

東京都文京区湯島2−22−14

03-5817-4767

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事