おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2017.12.31 | 公開 2017.12.31

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」

日本酒が好きならぜひ訪れてほしいのが、東京・ひばりヶ丘にある居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」です。日本酒専門店の直営居酒屋で、様々な銘酒とお酒を引き立てるおいしい食事を堪能できます。日本酒の奥深い味わいを感じてください。

地下には個室も! シックな空間でゆったりとくつろぐ

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」の1番目の画像

東京・ひばりヶ丘の駅からほど近い場所にある居酒屋が「日本酒ダイニング 吉之助」。ガラスの扉のシンプルな店構えと、扉の横に置かれた酒樽が目印となっています。

シックでモダンな雰囲気の店内。幅広い場面で利用できる多彩な席もこの店の魅力です。温かい間接照明の灯りが温かい雰囲気の1F座敷席とカウンター席、そしてまるで洞窟に入っていくかのような階段で地下に降りると、8人から利用できる座敷の個室が用意されています。

店名は西郷隆盛から! 目指すは誠実な仕事で愛される店

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」の2番目の画像

こちらのお店は田無にある日本酒専門店「地方銘酒 つるや」の直営店としてスタートしました。希少な日本酒や旬のお酒をリーズナブルに楽しむことができると、人気のお店です。社長はもともとビール会社で勤務した経験もあり、おいしい生ビールの提供にも力を入れています。

店名の「吉之助」とは西郷隆盛の青年時代の名前。信頼や人望を集め、誠実な人柄で愛された彼のように、誠実な仕事でたくさんのお客さんに愛される店でありたい、そんな願いが店名に込められています。

「たまてばこ」で栄養と旨味を余すことなく味わう

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」の3番目の画像

野菜ソムリエがプロデュースしたというお店の看板メニュー「たまてばこ」。せいろ蒸しはさっぱりヘルシーに味わえる上、栄養を逃さずおいしくいただけるというまさに最高の調理法。お肉と野菜のおいしさを存分に引き出してくれます。

こちらはヒノキの木箱で提供されます。開けるとまるで玉手箱のように蒸気が上るのがメニュー名の由来。開けるときのワクワク感も楽しんでください。

全部食べた後には残った出汁でしゃぶしゃぶ、そして締めのおじやと、栄養と旨味を余すことなく味わい尽くすことができます。

絶品「溶岩焼き」で食材のおいしさを存分に

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」の4番目の画像

この店でぜひ味わってほしい絶品メニューが「溶岩焼き」。炭火で焼くのと同様、もしくはそれ以上の遠赤外線効果で食材の旨味を逃がさず焼き上げることができます。香ばしく焼き上がったお肉や海鮮のおいしさは格別の味わいです。

料理と相性の良い日本酒は豊富な品揃え。中でも、市販されておらず全国でも70店舗しか取り扱っていない「氷室囲い」を味わうことができるのは最大の魅力です。

画期的なシステムにより酸素にふれずに樽に注がれます。蔵元でしか味わうことのできない生の日本酒を味わってみてください。

おいしい日本酒と料理の組み合わせで旬を感じよう

季節の味を楽しむ。ひばりヶ丘の日本酒専門店の直営居酒屋「日本酒ダイニング 吉之助」の5番目の画像

日本酒にも食材にも季節感を感じられるように心がけているそう。季節の日本酒は入荷の度に変更しているので、お酒にもメニューにも、訪れるたびにおいしい出合いがあるかもしれません。

パーティーや宴会も得意で、ミニ鏡割りやミニくす玉、名前入りボトルなども用意できます。記憶に残るサプライズパーティーも楽しみましょう。

「日本酒ダイニング 吉之助」は西武池袋線「ひばりヶ丘駅」北口から歩いておよそ2分の場所にあります。日本酒のおいしさを存分に楽しんでください。

スポット情報

日本酒ダイニング 吉之助

日本酒ダイニング 吉之助

東京都西東京市ひばりが丘北 4-1-6 セントラルビルド 1F

042-423-6760

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事