おでかけ動画マガジン

トラベル

更新 2018.05.06 | 公開 2018.05.06

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在を

クラシカルな表構が印象的なラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン大阪」。リュクスな空間の中、レストラン・バー・客室と至福のひとときを過ごせます。そんな「ザ・リッツ・カールトン大阪」を余すところなくご紹介します。

大阪でエレガントな非日常体験を

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在をの1番目の画像

JR大阪駅より徒歩7分、「ザ・リッツ・カールトン大阪」はクラシカルな表構が印象的な最高級ホテルです。まるで18世紀のヨーロッパに迷い込んだかのような気品あふれるエントランスに思わず胸が高鳴ります。

ミシュランガイド京都・大阪2018のホテル部門では「豪華で最高級」とされる5パビリオンマークを獲得。他にもトリップアドバイザーにて2017年度のトラベラーズチョイス賞を受賞するなど、そのサービスや設備はお墨付き。今まで知らなかった大阪での滞在がここにありました。

贅の極み、ここに集う「ザ・リッツ・カールトン スイート」

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在をの2番目の画像

「ザ・リッツ・カールトン大阪」で最高級のゲストルーム「ザ・リッツ・カールトン スイート」の総面積はなんと233平米。リビングルーム、ダイニングルーム、ベッドルーム、パーラー、キッチンから構成される室内には、グランドピアノ、エレガントな調度品、絵画をはじめとするアート作品が。大阪市街地中心部やベイエリア、山々を見渡すことの出来る開放的なパノラマビューも見逃せません。

五感を満たすフランス料理「ラ・ベ」

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在をの3番目の画像

フランス語で「湾」を意味する「ラ・ベ」は、シーフードをふんだんに使ったメニューを提供するフレンチレストランです。ミシュランガイド京都・大阪2018で星ひとつを獲得した実力店を率いるのは、南仏の高級レストランでシェフを務めていた料理長クリストフ・ジベール氏。エレガントな空間で美食を心ゆくまで堪能しましょう。

銘酒を片手に生演奏を「ザ・バー」

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在をの4番目の画像

大人のための夜の時間を「ザ・バー」で過ごして。100種類以上のモルトウイスキーなど、約500種もの銘酒を取り揃えたバーは、まさに1日の締めくくりに最高のスポット。好きなドリンクと軽食やデザートとともに、ジャズピアノの生演奏に聞き入る非日常を楽しんで。

忘れられない大阪での滞在体験がここに

気分はまるで18世紀ヨーロッパ 「ザ・リッツ・カールトン大阪」でエレガントな滞在をの5番目の画像

大阪駅からのアクセスも抜群の「ザ・リッツ・カールトン大阪」は、オトナのためのエレガントな滞在を演出してくれる最高級ホテル。大切な人との記念日や特別な日に、忘れられない上質な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポット情報

ザ・リッツ・カールトン大阪

ザ・リッツ・カールトン大阪

大阪府大阪市北区梅田2-5-25

06-6343-7000 (代表)

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

「トラベル」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事