おでかけ動画マガジン

グルメ

公開 2018.08.18

鎌倉「ヨリドコロ」で江ノ電を眺めながら楽しむ定食メニュー

江ノ電を目の前で眺められるカフェ「ヨリドコロ」で、鎌倉の日常を味わいませんか?お店の前を通り過ぎる江ノ電を見ながらいただく「干物定食」や「卵かけごはん定食」、「自家製チーズケーキ」は絶品です。鎌倉「ヨリドコロ」で、ほっと一息つきましょう。

“非日常”を体験しに行きませんか。鎌倉のカフェ「ヨリドコロ」は、江ノ電が目の前というロケーションです。江ノ電を眺めながら「ヨリドコロ」でしか食べられない絶品メニューをいただいてほっと一息つきましょう。

江ノ電を目の前で眺められるカフェ「ヨリドコロ」

「ヨリドコロ」の店内

「鎌倉の日常を旅する」

「鎌倉の日常を旅する」。 これは、オーナーが「ヨリドコロ」を創るとき、訪れた人たちに体験してほしいと思ったことなのだそうです。 「非日常」を求めて旅をしにやってきたその場所は、当たり前の「日常」を送る生活の舞台でもあります。
そんな「当たり前」を感じてもらうことが「ヨリドコロ」の提案する「非日常」です。鎌倉の日常が、忘れられない旅の一ページになるはず。

「ヨリドコロ」のカウンター席

踏み切り側のカウンター

「ヨリドコロ」は、目の前を江ノ電が通る、非日常的で斬新なロケーションが魅力です。 おすすめは、お店の一番踏み切り側に4席あるカウンター席。 その距離わずか1mほどの目の前すれすれを江ノ電が通過する大迫力のなかで食事を楽しめます。

素朴な素材を活かした味付けにほっこり「干物定食」

「ヨリドコロ」では、干物専門店「丸恵」で扱っている絶品干物を中心とした、日替わり小鉢を添えた定食が揃っています。 どこかホッとするような「おうちの味」です。

「干物定食 塩さば」(1,300円)

「干物定食 塩さば」(1,300円)

おすすめは「干物定食 (塩さば)」です。 20分ほどじっくりと時間をかけて焼かれた塩さばがとってもジューシー。 漬け物、ごはん、お味噌汁、小鉢がつきます。
ランチタイムの「干物定食」には、ほかにも「あじ(1,000円)」「えぼだい(1,300円)」「かます(1,500円)」もあります。

朝食もおすすめ

朝食メニューでは、こだわりの厳選タマゴや絶品干物を、なんとワンコインからいただけます。
朝ごはん定食のメニューは、「卵かけごはん定食(500円)」「納豆定食(500円)」「あじ干物定食(600円)」「さば(半分)干物定食(600円)」など。 追加の「こだわり卵(180円)」「納豆(100円)」「味付のり(50円)」もあります。

ふわふわメレンゲを絡ませる!濃厚「卵かけごはん」

濃厚「卵かけごはん」

朝食メニュー「卵かけごはん定食(500円)」は、厳選された卵を使用した贅沢な卵かけごはんです。 自分で黄身と白身をわけて、泡立て器で白身を泡立てていただくスタイルです。濃厚な黄身とふわふわなメレンゲでいただく卵かけごはんは絶品。
江ノ電を眺めながらいただく贅沢な卵かけごはんは、幸せの味がします。

自家製チーズケーキとコーヒー

自家製チーズケーキとコーヒー

毎日手作りで焼いている「自家製チーズケーキ(580円)」は固めで濃厚な口当たりが絶品です。 「ツバメコーヒー焙煎所」のこだわり豆が使用された、深みのある香り高い味わいの「ツバメさんのコーヒー(420円)」と一緒にどうぞ。

江ノ電を眺めて非日常のロケーションを味わって

アットホームな空間が人気の「ヨリドコロ」は、朝から人の列が絶えないほどの人気ぶりです。江ノ電を眺めながら、ゆっくり“鎌倉の日常”を味わってくださいね。

スポット情報

ヨリドコロ

ヨリドコロ

神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-12-16

0467-40-5737

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事