ルトロン

おでかけ動画マガジン

提供元:OZmall

POST 2018.08.21

見えない存在感に惹きつけられる、記憶と歴史を感じる繊細アートをポーラ美術館で

  • 0

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

    お気に入りしました。
    「マイページ」から確認できます。

  • 8

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
(C)KAORU HIRANO
(写真左上)untitled -rain Hiroshima-(写真左下・右)untitled -rain Nagasaki-

繊細さのなかにある確かな存在感にハッとする、“誰か”を感じる、糸に戻された傘とは



現代芸術家・平野薫さんが手がけるのは、古着や布製の小物を糸の一本一本にまで解き、それを再構成するというとても繊細なインスタレーション。作品のモチーフとなるものは、新品ではなく

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!

関連する記事

人気記事