おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.01 | 公開 2018.01.01

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」

東京・北千住で日本酒を堪能したい、そんな人には「日本酒宿 七色(なないろ)」がおすすめです。ここであなたを待っているのは、おいしい日本酒と、お酒がすすむ絶品メニューの数々。おしゃれで落ち着いた雰囲気の店内は、デートや記念日といった特別な時間にもぴったりの空間となっています。

落ち着いた雰囲気の中ゆったりとした時間を楽しむお店

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」の1番目の画像

東京・北千住にある日本酒専門店「日本酒宿 七色(なないろ)」。北千住の商店街の中、ビルの2Fにあるお店で、ビルの外には「七色」の文字が目立つ看板が目印となっています。

店内は温かい照明の落ち着いた空間が広がります。カウンター席とテーブル席が全部で11席のこぢんまりとしたお店です。

カウンターの上には空間を利用した宙吊りの冷蔵ショーケースがあり、存在感を放っています。ショーケースの中に並べられているのはお店厳選の日本酒たち。アットホームな雰囲気の中、ゆっくりとお酒を堪能できる空間となっています。

おいしい日本酒と安心安全な食事がコンセプトのお店

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」の2番目の画像

この店は、おいしい日本酒と安心安全な食事をコンセプトにスタートしました。尾瀬あきら先生の書いた漫画「夏子の酒」のワンフレーズである「美酒七色に輝いて」から名付けられたそう。

目指したお店の雰囲気は大正ロマンをイメージした温もりのある場所です。店内に入った時のギャップも魅力。おしゃれで落ち着いた雰囲気のため、デートや記念日で利用するお客さんが多いというのも頷けます。

日本酒との相性を感じられるメニューの数々

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」の3番目の画像

日本酒専門店ということで、どのメニューも日本酒との相性は抜群。お店自慢のメニューは「かつを炭火燻し焼き」です。燻し焼きとは、下は炭火で、上はオリーブオイルをスプレーしながら燻す調理法。かつおを酒盗と和え、オイルの炎でお酒がすすむ味わいに仕上げています。

「天然鮮魚のお刺身盛り合わせ」は、味はもちろん、見た目にも美しい一品です。旬の新鮮な魚介が一皿で提供されます。おいしい海の幸を選りすぐりの日本酒で味わい尽くす、贅沢メニューです。

チーズのような濃厚な味わい「自家製濃厚豆腐」

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」の4番目の画像

「自家製濃厚豆腐」も人気メニューです。旨みと甘み豊かな、まさにこだわりの一品。普段食べている豆腐とは一味違ったおいしさです。有機豆乳から作るチーズのような濃厚な味わいが特徴となっています。

何を注文しようか迷ったら、酒の肴がセットになった「酒菜セット」がおすすめです。日本酒と共に味わってほしい酒の肴が厳選されています。季節ごとにメニューは変わるため、毎回でも注文したいメニューです。

厳選されたラインアップの日本酒は香りと味を楽しんで

日本酒を通じて知る季節の移ろい。北千住の専門店「日本酒宿 七色」の5番目の画像

店主自ら選りすぐりの日本酒は、常時40~50種類のラインナップで用意されています。季節ごとに日本酒の味を確かめ、おいしいと判断されたものばかり。香りを楽しめるようにとワイングラスで提供されるのもこの店ならではの味わい方です。

JR常盤線快速・東武スカイツリーライン・東京メトロ日比谷線・東京メトロ千代田線・つくばエクスプレスの通る「北千住駅」から国道4号線方向へ向かい、コーヒー豆屋である「マメココロ」ビルの2Fにあるお店が「日本酒宿 七色」です。北千住で日本酒のおいしさを味わうなら、ぜひ足を運んでみてください。

スポット情報

日本酒宿 七色

日本酒宿 七色

東京都足立区千住1-27-1 沢田ビル202

03-3888-0776

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事