おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.03 | 公開 2018.01.03

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」

大阪・難波にある「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」。この店の自慢はおいしい厳選野菜とお肉、そしてシメに味わう極上蕎麦です。ワインとともにおいしいメニューの数々を堪能できます。

気取らないカジュアル空間が魅力の鉄板焼き店

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」の1番目の画像

大阪・難波にある鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」。入り口にはメニューがぎっしり書かれた黒板が置いてあります。扉の上の黒い瓦のような屋根、そして鉄板焼きの文字の看板が目印です。

店内はカウンター席とテーブル席、全12席のこぢんまりとした空間が広がります。木目調がメインの落ち着いたお店ながらも、気取りすぎないカジュアルな雰囲気です。

調理姿を堪能しながら食事を楽しめるカウンター席がおすすめ。デートやグループはもちろん、おひとりさまでも訪れやすいお店となっています。

お店の願いは「人と人とをつなげる場所でありたい」

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」の2番目の画像

ほかの店とは一味違った鉄板焼き屋さんをということでスタートしたお店です。オーナーの実家は蕎麦屋のため、蕎麦をシメで食べるお店となりました。堅苦しくならないカジュアル空間でおいしい鉄板焼きを味わえます。

店名の由来は「人と人とをつなげる場所でありたい」という、お店づくりにおいて店主が一番大事にしていることがそのまま店名になっています。その願いの通り、お店に訪れた人が自然と仲良くなれるようなお店の雰囲気が魅力です。

おいしい鉄板焼きメニューを存分に堪能しよう!

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」の3番目の画像

鉄板焼きで外せないメニューといえば、やはりお肉です。お肉を味わいたいなら「肉盛り合わせ」を注文しましょう。部位の種類が豊富に用意されているのがこの盛り合わせの魅力です。いろいろな部位を少しずつ、バランス良く食べられるようなサイズ感でお肉の旨みを存分に楽しむことができます。

産地直送の厳選野菜が自慢の「焼野菜盛り合わせ」にも注目。普段食べている野菜とは一味違った、本来のおいしさを実感できます。ワインとの相性も抜群です。

これがなくては終われない!シメの「黒毛和牛肉蕎麦」

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」の4番目の画像

この店の名物メニューといえば、何と言ってもシメに味わう「黒毛和牛肉蕎麦」です。使用されているのは黒毛和牛リブロースという贅沢な一品。出汁をかけるだけでお肉の旨みがあふれます。肉の旨みをたっぷり感じることができる、まさに極上蕎麦です。

およそ40種類と豊富なラインナップが魅力のワインもお店のこだわりです。厳選のワインとおいしい鉄板焼き、そしてシメの極上蕎麦。これらの組み合わせを楽しむのがここでの味わい方となっています。

ワインと鉄板焼きと蕎麦の組み合わせを味わい尽くす

締めは黒毛和牛肉蕎麦で決まり。大阪の鉄板焼き店「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」の5番目の画像

素材の旨みを引き立てる鉄板焼きだからこそ、この店のこだわりは素材にあります。野菜も肉も厳選素材を使用し、絶妙な焼き加減で提供。シメの蕎麦も出汁にこだわった、ここでしか出合えない味わいです。この店ならではのおいしさを実感できます。

カウンターで味わう臨場感もポイントです。おいしい香りや焼き上がりの音に食欲がそそられます。お店は貸切利用も可能なので、パーティーに使うのもおすすめです。デートや女子会にもおいしい料理で楽しい時間が過ごせるでしょう。ぜひ足を運んでみてください。

「TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ」は、南海本線と南海高野線が通る「難波駅」から歩いて3分の好立地にあるお店です。カジュアルに楽しむ鉄板焼きならここ。シメの蕎麦までしっかりと堪能できるでしょう。

スポット情報

TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ

TEPPANとワインと蕎麦 つなぐ

大阪府大阪市浪速区難波中1-4-21

06-6585-9470

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連する記事

おすすめの記事