おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.17 | 公開 2018.01.17

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」

大阪・肥後橋の「ピアノピアーノ」では、新鮮な素材で作られる絶品イタリア料理が楽しめます。イタリアン激戦区にありながら、1991年の創業から不動の人気をキープしている名店。活気あるオープンキッチンから醸し出される、美味しい音と香りと共にゆっくりとした時を過ごせます。

全てにおいてセンス良い、安心の老舗イタリアン

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」の1番目の画像

大阪・肥後橋のイタリアン激戦区にある「ピアノピアーノ」は、新鮮食材で作る絶品料理がいただける老舗のイタリアン。毎朝、シェフ自ら市場に足を運び仕入れる旬の食材と、産地直送のこだわり食材を、素材の良さを生かす調理法で提供しています。

緑豊かな生け垣に囲まれた明るく開放的なお店は、イタリア人デザイナーの手掛けたモダンな内装が好印象。アットホームでカジュアルな空間で、極上のイタリア料理を“ピアノピアーノ(ゆっくりと)”堪能することができます。

イタリア茄子を使った色鮮やかな一品

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」の2番目の画像

お店が自信をもっておすすめするのが、「ゼブラ茄子とモッツァレラチーズのオーブン焼き」。おしゃれなイタリア野菜のゼブラ茄子と、上質なモッツァレラチーズをふっくらとオーブンで焼き上げた一皿は、色鮮やかな見た目と芳醇な香りがたまりません。

アツアツの焼き立てを口にすると、トマトの酸味ととろける茄子の食感が合わさって、思わず笑みがこぼれる極上の味を体感できるでしょう。それぞれの素材の良さを引き立たせ、絶妙な味わいに仕上げています。

ふっくら美味しい「明石産ホウボウのアクアパッツァ」

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」の3番目の画像

獲れたての旬の鮮魚で作る、「明石産ホウボウのアクアパッツァ」も絶品。明石港で水揚げされた新鮮な高級魚・ホウボウを、ムール貝とアサリ、トマト、オリーブ、オイルでさっぱりと煮込みました。

ふっくらと炊き上がった旬のホウボウは、ほどよく脂ののった上品な味わい。素材の良さを生かした、魚介の旨味たっぷりの美味しい一皿です。

しっとり柔らかい「子牛のカツレツ ミラノ風」

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」の4番目の画像

人気の「子牛のカツレツ ミラノ風」は、何度もリピートしたくなるメイン料理。柔らかい子牛肉をカリッと芳ばしい衣で包み込み、チーズとバターで濃厚なコクをプラスしました。

ミラノ風のカツレツは、ナイフで簡単に切れる柔らかさ。薄衣をサクッと仕上げ、カツレツながらさっぱりとした食感に仕上げています。お好みで、レモンを絞っていただきましょう。

優しく飽きのこない味わいの、絶品イタリアン

激戦区で不動の人気を誇るイタリアン。新鮮素材とじっくり向き合う大阪・肥後橋「ピアノピアーノ」の5番目の画像

「ピアノピアーノ」は1991年の創業より、安定感のある美味しさを提供し続けてきた老舗イタリアン。オープン当初より愛され続けてきた定番メニューは数多く、何度も訪れたくなる名店です。

全34席のカウンター席とテーブル席からなるお店は、普段使いにも、特別な日の食事にも最適。おいしさを丁寧に追求し続け、老若男女に愛され続けてきたお店は、今日も活気と笑顔にあふれています。

OsakaMetro四つ橋線「肥後橋駅」の6番出口から徒歩5分程度、京阪本線・OsakaMetro御堂筋線「淀屋橋駅」の12番出口から徒歩8分程度の位置にお店はあります。肥後橋エリアで美味しいイタリアンを食べるなら、「ピアノピアーノ」がおすすめです。

スポット情報

ピアノピアーノ

ピアノピアーノ

大阪府大阪市西区京町堀1-4-22 肥後橋プラザビル 1F

06-6448-5774

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事