おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.02 | 公開 2018.01.02

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理を

東京・新橋駅からすぐ近くにある「秩父千嶋」は、店主のふるさとである埼玉県秩父地方の郷土料理が楽しめるお店です。訪れる人をほっこりとさせてくれる、温かい雰囲気の店内。名物女将が切り盛りするお店は、癒しを求める仕事帰りのサラリーマン達で今日も賑わっています。

新橋駅を降りたらすぐ! サラリーマンを癒すお店

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理をの1番目の画像

東京・新橋にある「秩父千嶋」は、秩父料理をはじめとする絶品料理が楽しめるお店。「新橋駅」を降りると目の前に現れる、格子模様が印象的な「ニュー新橋ビル」のB1Fにお店はあります。

サラリーマンの聖地としても名高い新橋。どこか懐かしい雰囲気漂う店内では、仕事終わりのサラリーマン達を優しく癒してくれる、絶品料理が迎えてくれます。

古くから新橋の地で愛される、秩父の郷土料理

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理をの2番目の画像

1953年、秩父出身だった店主が故郷の料理をメインに新橋の地に創業したのが始まりです。店主亡き後、お店を継いだのは女将。お店に訪れる人のお母さん的存在として、多くの人に愛されています。

たくさん食べても財布に優しいのも、サラリーマン達を魅了してやまないポイント。都会の中でほっこりひと息つける、オアシスのようなお店です。

特性の味噌スープで楽しむのは、新鮮な猪の肉!

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理をの3番目の画像

お店の名物メニューのひとつが「猪鍋」です。猪肉にはなかなか馴染みがないという人も多いかもしれませんが、猪の肉は、高たんぱくで低脂肪、かつ低カロリーでとてもヘルシーな食材です。

独特の歯ごたえが楽しい新鮮な猪肉を調理するのは、4種類の味噌をブレンドしたお店特製のスープ。ぐつぐつとおいしい音を立てながら、猪の出汁が味噌と溶け合います。

新鮮だからこそ楽しめる! 変わり種の刺身メニュー

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理をの4番目の画像

猪肉の他にも、他ではお目にかかることの少ない変わり種メニューが多彩です。美しい赤身が印象的なのは「鹿刺」。臭みのない、ヘルシーなもも肉を刺身にして楽しみます。

「馬刺」も人気の刺身メニュー。霜降り肉をウズラ玉子にからめて、いただきます。また「こんにゃく刺身」も、名物メニューのひとつ。つるんとした食感が楽しい、ヘルシーな刺身です。

秩父以外の料理も充実。揚げた豆腐にたっぷりのかつお節を乗せ、豪快に醤油をかけて楽しむ「土佐揚」は、お酒の進む逸品です。

いつ訪れても温かく迎えてくれる、故郷のようなお店

都心で味わうふるさとの味。新橋「秩父千嶋」で名物女将がもてなす心も体も温まる郷土料理をの5番目の画像

ビルのB1Fにひっそりと佇みながら、連日多くの人が訪れます。1度訪れると、リピーターになってしまう人が続出しているそう。

豊富な居酒屋メニューを肴に、お酒を楽しめるお店。秩父を代表するお酒「秩父錦」をはじめ、日本酒のラインアップも充実しています。名物女将のホスピタリティーも、お店が愛される秘訣。日常の喧噪をしばし忘れることのできる、とっておきの空間です。

JR・東京メトロ・都営地下鉄・ゆりかもめ各線「新橋駅」が最寄り駅。日比谷口を出ると目の前にある、白い格子模様が印象的な「ニュー新橋ビル」のB1Fにお店はあります。日夜戦うサラリーマン達を、郷土料理と抜群のホスピタリティーで迎えてくれるお店です。

スポット情報

千嶋秩父

千嶋秩父

東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル B1F

03-3501-4824

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事