おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.02 | 公開 2018.01.02

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味

東京・柴又にある「吉野家」は、濃厚な草だんごが人気の和菓子屋さん。寅さんでもおなじみの、帝釈天題経寺に続く参道にあるお店です。メインは持ち帰り用の販売にも関わらず、連日行列ができるほどの人気ぶり。濃厚なよもぎ香る草だんごは、柴又のお土産としても喜ばれています。

帝釈天のおひざ元で愛され続ける

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味の1番目の画像

東京・柴又の帝釈天題経寺に続く参道にある「吉野家」は、草だんごの名店として有名なお店です。

寅さんでお馴染みの、下町情緒溢れる柴又。柴又駅から帝釈天題経寺に向かう参道には、昔ながらの商店街があります。

その中で、ひときわ目立つ行列を作っているのが「吉野家」。店先にあるのはちょっとした休憩スペースのみで、持ち帰り用の販売がメインです。

帝釈天の目の前で3代続く老舗おだんご屋さん!

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味の2番目の画像

創業から数えて、3代目になるという老舗おだんご屋さん。お店で売っているおだんごには長い歴史があります。

その昔、題経寺で下働きしていた人たちに作らせていたという草だんご。下働きの一家が参道で草だんご屋をはじめたところ、大評判になりました。

当時は、きなこをまぶした草だんごを販売していましたが、女中として働いていた娘があんこを添えることを提案。以来、草だんごとあんこは、名物の組み合わせとなりました。

帝釈天を訪れたらならぜひ買って帰りたい名物!

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味の3番目の画像

お店の看板メニュー「草だんご あんこ」。長野県松代産のよもぎを使用しています。よもぎは生ではなく、乾燥よもぎを使用することで、他にはない強い香りを出すことができるのだそう。

もちもち食感の草だんごに合わせるのは、甘さを抑えた自家製あんこ。甘いものが苦手な人でもペロリと平らげてしまえるほど、絶妙な甘さがクセになります。

こっくり煮詰められた特製の黒蜜はとろけるおいしさ

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味の4番目の画像

あんこに並ぶ人気メニューが「草だんご きなこ黒蜜」です。よもぎの濃厚な香りが魅力の草だんごに絡めるのは、トロトロの特製黒蜜。美しくツヤやかな黒蜜が、モチモチ食感の草だんごになめらかなおいしさをプラスします。

仕上げにまぶすのは、うぐいすきなこ。香ばしいきなことコクのある黒蜜が、草だんごを優しく包み込みます。

訪れる人を、手作りのおいしさで歓迎する名店

無添加の草だんごに甘さ控えめの自家製あんこをたっぷりと。柴又「吉野家」が誇る下町で愛される伝統の味の5番目の画像

蒸したての草だんごの生地は、手でちぎられて丸められます。引きちぎった跡が残る、なんとも豪快な見た目ですが、味の繊細さは折り紙付き。口に入れた瞬間に香るよもぎの風味は、他では味わえない濃厚なおいしさです。

なるべく出来たてのものを食べてもらいたいという思いから、大量生産はしていません。柴又の町を歩きながら味わう出来たての草だんごは、下町ならではの温かみにあふれる味です。

京成金町線「柴又駅」が最寄り駅。駅から帝釈天題経寺に向かう道中にある、「葛飾区柴又帝釈天門前参道商店街」の一角にお店はあります。柴又を訪れたらならぜひ食べておきたい、名物和スイーツです。

スポット情報

吉野家

吉野家

東京都葛飾区柴又7-6-18

03-3673-0898

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事