おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.02 | 公開 2018.01.02

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとう

東京・湯島にある「ゆしま花月」は、艶やかで美しいかりんとうが自慢の菓子店です。ノスタルジックな店構えは、昭和22年の創業当時から変わらない姿。お店の看板商品のかりんとうをはじめとした伝統的な製法のお菓子は、東京の手土産として多くの人々に親しまれています。

創業当時から変わらない趣のある店構えの老舗店

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとうの1番目の画像

「ゆしま花月」は、東京・湯島にあるかりんとうが自慢の菓子店。昔ながらの店構えは、その昔に駄菓子屋をやっていた当時のまま、現在も変わらない姿で営業しています。

お店のシンボルとも言えるのがお菓子を詰めるスケールの丸缶。その丸缶の大きいオブジェが軒先に置かれており、一目で「ゆしま花月」の店舗だと分かります。昔ながらの味を大切にしている、老舗のお店です。

お店のはじまりは子ども相手の小さな駄菓子屋

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとうの2番目の画像

「ゆしま花月」のはじまりは、昭和20年代初頭、先々代のおかみが子ども相手に始めた小さな駄菓子屋でした。

もともと湯島は花柳界で賑わっていた街。料亭なども多く、お客さんの手土産にとスケールの丸缶に詰めたかりんとうを渡していました。それが評判を呼び、現在まで長く愛されているのです。

昔と変わらない場所で、昔と変わらない味を守り続けています。

艶やかな姿形が美しい昔ながらのかりんとう

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとうの3番目の画像

お店の看板商品であり、人気を呼ぶきっかけになった「かりんとう単衣(90g入り)」(540円)は、まるでガラス細工のような艶やかな形状が特徴。三度揚げをした生地に飴を絡めることで独特の食感を生み出しています。

実はこのかりんとう、もともとは失敗作なのです。職人が砂糖を煮詰めすぎてしまい、もったいないとそのまま作ったところ、非常にきれいでおいしいかりんとうができたのでした。「ゆしま花月」に訪れた際には、必ず食べたい逸品です。

老舗店自慢の製法でつくられたこだわりのお菓子

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとうの4番目の画像

「かさねうめ単衣(60g入り)」(432円)は、塩味のあられ、梅の彩りを添えた甘酢っぱいあられの2種類が一度に味わえる贅沢な商品です。湯島天満宮にある2種類の色の花を咲かせる「思いのまま」という梅の木をイメージして作られました。

「いわおと単衣(90g入り)」(540円)は、米の甘みが豊かに広がるしょうゆ味の堅揚げせんべいです。5日間天日干しをすることでしっかり水分を飛ばし、米本来の甘みと旨みが感じられるお店自慢の商品!

「ゆしま花月」がずっと親しまれている理由

まるでガラス細工のような美しさ。手土産にしたい湯島「ゆしま花月」のかりんとうの5番目の画像

東京の手土産として親しまれている「ゆしま花月」は、昔ながらの味や製法を守りながらも、定番商品のほかに新商品の開発や期間限定のパッケージなど、お客さんを常に楽しませるお店づくりをしています。

昔からずっと変わらない伝統の味と、手土産としてお客さんに喜ばれるように考えられた創意工夫が、このお店が長く親しまれ続けている理由です。

「ゆしま花月」は、東京メトロ千代田線「湯島駅」から徒歩3分、またはJR山手線・京浜東北線「御徒町駅」から徒歩5分の場所にあります。ガラスのように艶々な絶品のかりんとうをぜひご賞味ください。

スポット情報

ゆしま花月

ゆしま花月

東京都文京区湯島3-39-6

03-3831-9762

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事