おでかけ動画マガジン

おでかけ

更新 2018.08.25 | 公開 2018.08.25

日本の伝統×最新アート「ECO EDO日本橋 2018」で楽しむ江戸の涼

「ECO EDO(エコエド) 日本橋」は、2018年7月6日(金)~9月24日(月・休)の期間に東京日本橋で開催されている、江戸時代に育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジしたさまざまなイベントを楽しめるアート空間。

浴衣、金魚、花火、提灯、風鈴など、日本情緒あふれるを五感で体感できます。 日本の情緒や美しさを実感できる、この夏おすすめのデートスポットです。

幻想的な「アートアクアリウム」

アートアクアリウムの画像

水と光が照らし出す「アートアクアリウム」の魅力

日本橋三井ホール(コレド室町1 5F/エントランス4F)にて、「ECO EDO 日本橋 アートアクアリウム2018 ~江戸・金魚の涼~&ナイトアクアリウム」が開催されています。

「アートアクアリウム」は、アートやエンターテイメント、アクアリウムの技術を織り交ぜた作品を鑑賞できる空間。 水の心地よい音を聞きながら、金魚や錦鯉をはじめとした8,000匹の美しい鑑賞魚が間近で見られます。

彩り豊かな光が照らしだす斬新なアート作品の数々は、驚きと感動で心躍ること間違いなしです。

期間中は毎夜19:00からナイトアクアリウムも開催されます。 幻想的な夜のアクアリウムは、会場内でドリンクを飲みながら、毎日の忙しさを忘れてゆったり楽しめる空間です。 週末には国内外のトップDJによるイベントや、日本芸能の鑑賞イベントも開催されます。

開催時間

日~金曜日 11:00~22:30(最終入場22:00)
土・祝前日 11:00~23:30(最終入場23:00)
※特別イベント開催により、時間変更等が発生する場合があります。事前に公式サイトを確認してからお出かけください。

会場への行き方

東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前駅」直結 A6出口
JR 総武線快速・横須賀線「新日本橋駅」地下道直結 
※駐車場の用意はないため公共交通機関をご利用ください。

涼しい音色が響く「森の風鈴小径」

「森の風鈴小径」

福徳神社横にある福徳の森は、賑やかな都会のなかの癒やしのスポットとして愛されています。 2018年の夏は、そんな福徳の森に「森の風鈴小径」が初登場。

福徳神社から福徳の森へと続く小径に約200個の華やかな江戸風鈴が飾られており、涼しげな音色を聞きながら歩けば夏の疲れを癒やしてくれます。

江戸風鈴はひとつひとつ丁寧に手づくりされているため、ひとつとして同じものはありません。 緑の中で涼しい風に吹かれながら、情緒ある日本の夏を感じてみてはいかかでしょうか。

江戸情緒あふれる「金魚大提灯参道」

「金魚大提灯参道」

「金魚大提灯参道」は、仲通り(コレド室町1・2の間)にある、江戸情緒あふれる夏の装いに変身した、福徳神社に続く参道です。 巨大提灯のライトアップとともに、今年はデジタル花火アートが日本橋の夜を彩ります。

江戸の花火をイメージ「ミナモハナビ」

「ミナモハナビ」は、コレド室町1・2の間の仲通りを川に見立て、水面に鮮やかに映し出される花火を再現したデジタルアートです。

川のせせらぎや花火の空間BGMが流れており、風情あふれる江戸の花火を川岸で眺めているような感覚を味わえるほか、現在のデジタル技術を新しいアート作品のひとつとして身近に楽しめます。 この演出は夕方の18:00から23:00まで見ることができます。

風流な金魚街道を演出「金魚大提灯」

高さ約1.8mの金魚柄の大きな提灯に加え、金魚柄に差し替えられた通常サイズの提灯が福徳神社参道の脇の仲通りを彩り、東京の夏の夜を優しく照らします。 夏の夜風を感じながら眺めるオレンジの灯りは、情緒豊かで心を穏やかにしてくれます。

浴衣の着付けサービスでさらに楽しもう!

「アートアクアリウムゆかたステーション」

浴衣を持参すると着付けをしてもらえるサービスが「アートアクアリウム 2018」の優先入場券とセットになった日時指定(完全事前予約制)の特別チケット(3,240円税込)が販売されています。

面倒な着付けも現地で楽々

出かける前に美容院に行くのは面倒だし、自宅で着付けして行くと着崩れが心配。 「でも、せっかくだから浴衣で楽しみたい!」という方にぴったりのサービスです。 お出かけ先で無理なく着付けができるのはうれしいですよね。

チケット購入方法

チケットは全国のセブンイレブン店内のマルチコピー機もしくはセブンチケットで購入できます。
アートアクアリウム運営事務局 TEL 03-3270-2590(開催期間中の受付)

「水戯庵」で伝統芸能を鑑賞しながらお食事

「アートアクアリウム2018」×「水戯庵」

能や狂言など日本の伝統芸能を鑑賞しながら食事ができるレストラン「水戯庵」では、主人・木村英智さんの手掛ける「アートアクアリウム2018」の開催を記念した夏のアニバーサリープランを実施。

舞台を間近で見られる席や、ゆったりとしたソファ席など7つのタイプが用意されています。 料金は1名あたり3,500円から(食事代は別途)。

事前予約をすれば、お寿司のお膳や和菓子とお抹茶のセットなどを楽しむことができますよ。 20:30以降はバーやラウンジとしての利用もできます。この機会に伝統芸能を身近に体感してみませんか。

「水戯庵」の店舗情報

住所:東京都中央区日本橋室町2-5-10 B1F
アクセス:東京メトロ 銀座線・半蔵門線「三越前駅」下車 A6出口 徒歩1分 コレド室町2 B1F直結
営業時間:11:00〜24:00

「ECO EDO 日本橋」に大切な人と出かけよう

「ECO EDO 日本橋」は、伝統や情緒を大切にしながら新しい技術を取り入れたアート空間です。 その美しさと素晴らしい調和に、日本の良さを再認識させられること間違いなし。

この夏、大切な人と「ECO EDO 日本橋」でかけがえのないひとときを過ごしてみませんか。

イベント情報

ECO EDO 日本橋 2018~五感で楽しむ江戸の涼~

ECO EDO 日本橋 2018~五感で楽しむ江戸の涼~

2018年07月06日 〜 2018年09月24日

東京都中央区日本橋

03-3242-0010

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事