おでかけ動画マガジン

とろけるまぐろと地魚を堪能!三崎の幸を味わう「廻転寿司 海鮮」

更新 2018.09.01 | 公開 2018.09.01
お気に入り
  • Share on

日本ならではの食べ方で魚介を味わえる「お寿司」。お寿司を代表するネタといえば、まぐろですよね。

神奈川・三崎にある「廻転寿司 海鮮」は、まぐろの「赤身」や「トロ」、希少な部位を使ったメニューをいただけるお寿司さんです。まぐろの水揚げが盛んな三崎港で仕入れた、都内では味わえない美味しさを満喫してみませんか。

ネタと価格にこだわった「廻転寿司 海鮮」

「廻転寿司 海鮮」の店内

京急久里浜線「三浦海岸駅」より徒歩3分ほどの場所にある「廻転寿司 海鮮」は、ネタと価格に“とことん”こだわったお寿司屋さんです。

「満腹よりも満足感」をテーマに新鮮なネタを提供するこちらのお店は、地元の方はもちろん、アクセスにも優れていることから観光客からも人気を集めています。

仕入れは店主自ら行う

毎朝、三浦・三崎港へ店主自ら足を運び、まぐろや地魚を仕入れています。“いいものだけ”を仕入れているため、その日によってネタも変わります。

ファミリーにもおすすめ!

手軽に食べられるお寿司。お店ではテーブルを囲んで楽しめるボックス席も設置されています。小さい子ども用の椅子もあるので、ご家族連れの方にもおすすめです。席は高めの仕切りで区切られているため、周りを気にすることなく食事ができますよ。

美味しさの秘訣は数々のこだわり

あっさりとしたシャリ

お寿司のシャリ

お店では、「好きなものをたくさん食べてほしい」との想いから、砂糖少なめのシャリを使っています。砂糖を少なくすることにより、あっさりとした味わいになり、“おつまみ感覚”で食べられるのだそう。

さまざまな部位を使ったまぐろ料理

まぐろの握り

まぐろと聞くと、脂がのった「大トロ」や「中トロ」、「赤身」をイメージしがちですが、「すなずり」や「血合い」など、普段ではあまり見かけない部位を使ったメニューも充実しています。

地魚にも注目!

まぐろだけでなく、三崎港で獲れた「キンメダイ」や「サバ」、「ヒラメ」などの地魚も揃っています。地魚は時期によって異なるので、まさに一期一会。訪れた際には地魚もチェックしてみてください。

お店で味わってほしいメニューをご紹介!

盛り合わせメニュー

「まんぷく券」を使った盛り合わせメニュー

「みさきまぐろきっぷ」の「まんぷく券」を使うと、まぐろ類6貫と地魚など6貫がセットになったメニューをいただけます。

まぐろの「赤身」から「トロ」さらには「炙りトロ」まで、一度にまぐろの“美味しさ”を堪能できます。時期や仕入れによって変わる地魚にも注目してみてくださいね。

迷ったときは「地魚ランチ」がおすすめ

ランチタイムで迷ったときは「地魚ランチ(税込 1,026円)」がおすすめ。三浦半島の地魚5種類を2貫ずつ味わえます。11:00~14:00に限り注文できるメニューですが、お店のなかでも一番人気のあるメニューなのだそう。

希少部位を堪能できるセットメニュー

「まぐろをもっと堪能したい」という方におすすめなのが、「まぐろ満開セット(税込 2,160円)」。「すなずり」や「わた」など、なかなか味わえない部位をいただけます。まぐろのまだ見ぬ美味しさに出合ってみませんか。

「みさきまぐろきっぷ」でもっとお得に!

京急電鉄では「電車&バス乗車券+まぐろまんぷく券+三浦・三崎おもひで券」がセットなった「みさきまぐろきっぷ」を販売しています。

「廻転寿司 海鮮」のほかにも、まぐろを取り扱う飲食店はもちろん、観光スポットやおみやげにも使えるので、三崎を賢く満喫できますよ。

日帰り旅行でまぐろを味わおう

「廻転寿司 海鮮」では、東京で食べると高価なまぐろをお得に堪能できます。

週末は「みさきまぐろきっぷ」を使って、まぐろ料理と三崎を楽しんでみませんか。

スポット情報

廻転寿司 海鮮

廻転寿司 海鮮

神奈川県三浦市南下浦町上宮田3372-18

046-889-2565

詳細はこちら

  • Share on

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事