ルトロン

おでかけ動画マガジン

EDIT 2018.10.19 ・ POST 2018.10.19

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」

  • 1

  • THANK YOU!
    あなたの「いいね!」が励みになります!

  • 23

  • 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で最も古くから愛されてきた老舗ホテル

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の1番目の画像

2018年に創業130周年を迎えた、京都ホテルグループ。古都・京都で最も長い歴史をもつホテルが「京都ホテルオークラ」です。古き良き伝統を残したまま、進化し続けるおもてなしは「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019」のホテル部門において“4赤パビリオン”という「極めて快適」を意味する称号を獲得。ホスピタリティの高さがうかがえます。

最寄り駅は、京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」。3番出口がホテルのB2Fと直結しており、天候に左右されずに館内に入れることも魅力のひとつです。

京都散策に便利なウエルカムラウンジ

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の2番目の画像

「京都ホテルオークラ」では、京都駅にウエルカムラウンジを設置。宿泊のゲストを対象とした手荷物をホテルで受け取れるお預かりサービス(有料)や、ホテルへの送迎シャトルがあり、京都散策を思う存分楽しめるサービスが充実しています。

四季折々の京の景色を堪能、贅沢な安らぎ空間

「京都ホテルオークラ」の客室は、京の山々や流れる川が四季折々移ろいゆく景色を堪能できるのが特徴です。景色をさらに引き立てる内装から、嬉しいアメニティまで余すことなくご紹介します。

邸宅のような客室「プレジデンシャルスイート」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の3番目の画像

宿泊フロアの最上階である16Fに位置し、105平米の豪華な広さを誇る「プレジデンシャルスイート」は、日本の伝統を現代の洋モダンにアレンジしたお部屋。和紙を挟み込んだガラススクリーンなど和を感じさせつつ、快適な洋の機能を兼ね備えた空間で日常の疲れを癒やしていただけるでしょう。リビングルーム、ベッドルームのどちらからも望める、東山と鴨川の景色が心を開放的にしてくれます。

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の4番目の画像

リビングルームには、食事を楽しめるダイニングと歓談やゆったりとくつろげるソファスペースが。テレビのスピーカーは包み込まれるような臨場感あふれる高音質のサウンドシステムが搭載されており、くつろぎ時間を充実させてくれます。

ベッドには、エアウィーヴのマットレスパッドを採用。熟睡をサポートしてくれるという、マットレスの素材が疲れた体をそっと包み込みます。

自宅にいるような安心と安らぎ「コーナーデラックスツイン タイプA」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の5番目の画像

12F、14F、15Fに位置し53平米の広さがある「コーナーデラックスツイン タイプA」。自然と調和のとれた淡く温かみのある色調が、やすらぎを与えてくれる空間です。京都に旅で訪れたのに、まるで自分の帰る場所を見つけたような快適なデザイン。一度ならず何度でも訪れたい、そんなお部屋です。

大きな窓からは、方角によって東山三十六峰と鴨川、京都市の街並みが。風情溢れる景色に目を奪われます。

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の6番目の画像

リビングスペースとベッドスペースが分かれており、エアウィーヴのマットレスパッド、あぶらとり紙で有名な京都の老舗ブランド「よーじや」のアメニティなど、エグゼクティブフロアと同等のオプションも楽しめます。

スーペリアツインルーム(東山・鴨川側)

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の7番目の画像

9F~15Fに位置し37平米の広さがある「スーペリアツインルーム(東山・鴨川側)」。9F~11FのタイプBはよもぎ色、萌黄色、鶯色などの伝統色を部屋のメインカラーにおき、和紙のアートワークを取り入れるなど、京都らしい和のテイストを感じるお部屋です。落ち着いた色合いのお部屋で広くとった窓からは、東山を一望することができます。

ベッドはしっかりと身体に密着し、最高の寝心地を実現する「ポケットコイル式マットレス」を使用。旅で疲れた体を優しく包み込みます。

まゆごもりアメニティ(※一部客室限定)

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の8番目の画像

「京都ホテルオークラ」では、コーナーデラックスルーム(7F~15F)と16Fエグゼクティブフロアに、京都らしい特別なアメニティが用意されています。それが、あぶらとり紙で有名な京都の老舗ブランド「よーじや」のオリジナルアメニティ“まゆごもり”シリーズ。滞在中の気分を盛り上げてくれます。

お料理と景色でゲストを楽しませる多彩なレストラン

景色と食事を心ゆくまで堪能「トップラウンジ オリゾンテ」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の9番目の画像

朝食、ランチ、ディナーのバイキングが楽しめる「トップラウンジ オリゾンテ」。ホテル最上階にあるレストランで、全長約60mの大パノラマから京都の景色を楽しむことができます。開放的な空間でいただく贅沢なバイキングは、お腹も心も満たしてくれることでしょう。ラウンジタイムにはしっとりとした雰囲気の中、お洒落なカクテルを味わうことができます。

特別なひとときを演出「スカイレストラン ピトレスク」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の10番目の画像

特別な日に、特別な人と、とっておきの時間を過ごすのに最適な格式高いフレンチレストラン「スカイレストラン ピトレスク」。京都の東山を眺めながら、シェフこだわりのフレンチがいただけます。店内には、定温・定湿のワインセラーを完備。お料理とゲストの気分に寄り添ったワインを提案してくれます。

清楚な空間で味わう「中国料理 桃李」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の11番目の画像

広東料理からオリジナルの一品料理まで、多彩な中国料理が楽しめる「中国料理 桃李」。清潔感溢れる白を基調にし、どこか清楚な空間。4〜30名様までの大小の個室があり、シーンに合わせた利用が可能です。

大パノラマの中でダイナミックに旬をいただく「鉄板焼 ときわ」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の12番目の画像

最上階に位置し、京都の街並みを一望できる大パノラマが魅力の「鉄板焼 ときわ」。鉄板焼カウンターでパノラマ状に広がる景色を見ながら、シェフが目の前で調理してくれる特選和牛や旬の素材をいただけます。

京の美しさ光る和朝食「京料理 入舟」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の13番目の画像

本格的な京料理を堪能することができる「京料理 入舟」。特に和朝食は、京料理の美しさ、そして職人の技が光る一品を味わうことができます。テーブル席、個室、お座敷と多様な席が用意されているので、ご昼食やご夕食でも幅広いゲストが楽しめるお店です。

カジュアルに食事を楽しみたいなら「テラスレストラン ベルカント」

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の14番目の画像

ランチからディナーまで、豊富な洋食のメニューが揃う「テラスレストラン ベルカント」。明るい店内はカジュアルな印象で会話も弾みそう。お食事と歓談を楽しみたい人におすすめのレストランです。

1888年創業の老舗ホテル「京都ホテルオークラ」の15番目の画像

ゲストが満足できるよう考え尽くされた上質なおもてなしがある「京都ホテルオークラ」。130年もの間、京都で愛され続けてきたこと自体、おもてなしが上質であることの証ではないでしょうか。京都を思う存分楽しみたい方は、ぜひ「京都ホテルオークラ」を滞在先に選んでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

人気記事

コメント

ログインまたは 新規登録してコメント投稿しよう!

コメントを投稿しよう!