おでかけ動画マガジン

手塚治虫「どろろ」アニメ&舞台化決定!両主演を鈴木拡樹が担当

更新 2018.09.04 | 公開 2018.09.04
お気に入り
  • Share on

2019年1月より放送予定の手塚治虫原作のTVアニメ「どろろ」が、舞台化することが決定しました。主人公のひとり、百鬼丸(ひゃっきまる)をアニメと同じく、今人気の2.5次元俳優、鈴木拡樹が演じます。

手塚治虫原作マンガ「どろろ」とは?

手塚治虫作品一覧

“鬼か、人か。”手塚治虫のマンガ作品「どろろ」は、生まれながらに鬼神に身体の48か所を奪われた少年・百鬼丸が、どろろという名の少年とともに、妖怪を退治しながら自分の身体を取り戻していく物語。

1969年に「どろろと百鬼丸」というタイトルでアニメ化され、2007年には妻夫木聡と柴咲コウの共演で実写映画化もされました。

原作が結末を迎えないまま終了しているが、だからこそ、数多い手塚作品のなかでも果敢にリメイクがされている作品でもあります。

百鬼丸役を演じるのは人気俳優・鈴木拡樹

人気2.5次元俳優の鈴木拡樹

舞台「刀剣乱舞」集合写真

メインキャストとして、百鬼丸役を務めるのは、「仮面ライダーディケイド」や舞台「刀剣乱舞」などで活躍する今人気の2.5次元俳優、鈴木拡樹。今作が声優初挑戦とあって、「バディ感を大切に演じたい、チームスタッフの皆様のお力もお借りして最高の作品をお届けします」と意気込んでいます。

「どろろ」は、アニメと同時に舞台化されることも決定。舞台「どろろ」でも、鈴木拡樹が百鬼丸役を演じます。

「どろろ」アニメ&舞台詳細

TVアニメ「どろろ」

2019年1月より放送開始予定。

【スタッフ】
原作:手塚治虫
監督:古橋一浩
シリーズ構成:小林靖子
キャラクターデザイン:岩瀧智
音楽:池頼広
アニメーション制作:MAPPA/手塚プロダクション
製作:ツインエンジン

【キャスト】
百鬼丸役:鈴木拡樹
どろろ役:鈴木梨央
琵琶丸役:佐々木睦
ナレーション役:麦人

舞台「どろろ」

主演:鈴木拡樹

アニメ・舞台についての詳細は公式ホームページをチェック:どろろ

スポット情報

手塚治虫「どろろ」アニメ&舞台化決定!

手塚治虫「どろろ」アニメ&舞台化決定!

詳細はこちら

  • Share on

関連する記事

おすすめの記事