おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.06 | 公開 2018.01.06

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」

大阪・福島の路地裏にある「食堂Tavolino(タボリノ)」は手間と時間を惜しまない、おいしさにまじめなイタリア料理のお店です。自ら選んだ素材の可能性を引き出すため、ソースやソーセージなどはできる限り自家製を提供。丁寧な手仕事は、夫婦によって支えられています。

小さなテーブルに乗ったかわいいゾウの看板が目印

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」の1番目の画像

知る人ぞ知る隠れ家的お店が並び立つ大阪・福島エリアにある「食堂Tavolino(タボリノ)」は、夫婦で営むアットホームなイタリアンのお店。

黄色の外壁にイタリア国旗と観葉植物が鮮やかな入り口が目印です。店内はカウンターとテーブル席があり、ずらりと並んだワインボトルとワイングラスが目を引きます。

テーブルでコースをしっかりいただくのも良し、カウンターでワインと自家製アンティパストをいただくも良し、どちらも心豊かな時間を過ごせます。

あふれるほどのおいしさを小さなテーブルに

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」の2番目の画像

「Tavolino」とは「小さなテーブル」という意味のイタリア語。その名の通り、テーブルが小さく感じるほど満足感のある料理を、という気持ちで名付けられました。

他店で10年以上修行を重ねたオーナーが満を持して開店。料理担当のオーナーと、パン担当の奥さんの二人三脚で毎日おいしいメニューが紡がれます。

食材は自ら探して買い付け、可能な限り自家製にこだわります。ベーコンやオイルサーディン、マヨネーズまですべて手作りなのです。余計なものを加えず、素材本来のよさを引き出す調理を徹底しています。

濃厚なソースからトリュフの芳香がふわっと香る

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」の3番目の画像

鹿児島黒豚の自家製ベーコンをたっぷり使った「カルボナーラ・リガトーニ トリュフ添え」は濃厚なカルボナーラにトリュフが贅沢に散りばめられた一品。テーブルにのった瞬間に豊かな香りが漂います。

リガトーニとは筒状のショートパスタ。こだわりの卵と2種類のイタリアチーズで作ったソースがリガトーニの筒の中まで絡み、たまらないおいしさです。鹿児島黒豚を使用した自家製ベーコンとともにいただきましょう。

カウンター上には15種類ほどのパスタの見本がディスプレイしてあり、自分好みのパスタでお願いできるそう。

驚きの分厚さ! チーズパン粉が香ばしい金色のコトレッタ

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」の4番目の画像

「岩手産白金豚 厚切りコトレッタ」は、脂の旨味が強い白金豚を3cm以上の思い切った厚切りにしたイタリア風カツレツ。

イタリア風のカツレツと言えば薄いミラノ風カツレツを思い浮かべますが、こちらのお店では肉本来の旨味を味わえるように、あえて大胆な厚切りにしています。

目の細かいチーズパン粉をつけて黄金色に揚げ焼きしたコトレッタは、フレッシュトマトのソースと削ったチーズをかけていただきます。

「自家製パンのカツサンド」はぜひテラスで味わいたい

おいしさにまじめに。大阪・福島にある仲良し夫婦が営む本格イタリアン「食堂Tavolino」の5番目の画像

落ち着いた雰囲気で女子会やデートにもぴったりなテラス席もあります。気候の良い時期にはテラスでの食事もおすすめです。

ぜひ一度味わってみたいのが、裏メニューの「自家製パンのカツサンド」。毎日夕方に焼き上がるパンを使った特別メニューです。あるかどうか、オーナーにこっそり聞いてみてください。

JR大阪環状線「福島駅」よりなにわ筋を北に5分。カラオケ屋さんの先の角を左に100mほど行った場所にあります。手づくりパンはテイクアウトも可能で買って帰る人も多いそう。帰ってからも余韻に浸れる「食堂Tavolino」にぜひ足を運んでみてください。

スポット情報

食堂Tavolino

食堂Tavolino

大阪府大阪市福島区福島7-13-7

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

おすすめの記事