おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.01.06 | 公開 2018.01.06

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」

大阪・谷町六丁目にある「Bistro Galop(ビストロ ギャロ)」は、フランスの食堂をイメージした店内で絶品フランス料理を楽しむことができるお店。大阪出身のシェフがこの地に惚れこんでオープンしました。下町情緒を感じさせる街並みの中でひと際目立つ青いお店は、おいしい料理で人々に幸せを提供しています。

路地裏でひと際目を引く、青いフレンチ食堂

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」の1番目の画像

大阪・谷町六丁目にある「Bistro Galop(ビストロ ギャロ)」では、おいしいフレンチをリーズナブルに楽しむことができます。

銅座公園すぐ近くで、ひと際目を引く青いお店。外からも見える、ズラリと並んだワインの瓶がお店の目印です。フランスの食堂をイメージしたという店内は、全11席という作り。階段下にはワインクーラーも置かれ、絶品フレンチを肴に、ワインも進みます。

創業10周年を迎えた、地元で愛されるお店

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」の2番目の画像

お店がオープンしたのは、2007年11月のこと。たまたまこのエリアを訪れたオーナーシェフが街の雰囲気に惹かれ、この地においしく安くお腹いっぱいになれるフレンチ食堂を開業しました。

オーナーシェフを務めるのは、橋本元氏。大阪に生まれ、数々のお店で修業を積みました。店名の「Galop」とは、馬が駆ける様を指すフランス語。馬好きのオーナーシェフならではの店名です。

ほろほろと口のなかでほどける絶品お肉料理!

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」の3番目の画像

ワインが進む絶品フレンチメニューが豊富に揃うお店ですが、「牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」はフレンチの王道メニューであり、お店の人気メニューのひとつです。

牛ほほ肉は塊のまま軽くソテーし、特製の赤ワインソースでじっくり煮込みます。赤ワインの風味を充分に吸い込んだ牛ほほ肉は、口に含むとほろほろとほどけてしまうやわらかさ。付け合わせの野菜たちも、ソースに絡めていただきましょう。

鴨肉の旨味を閉じ込めた、ジューシーなメイン料理

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」の4番目の画像

「鴨もも肉のコンフィ」も、ワインと相性抜群の逸品です。やわらかい食感が特徴の鴨のもも肉を、フランス南西部発祥の伝統的な調理法・コンフィでいただきます。

低温の油でじっくり加熱することで、表面はカリっと、中はやわらかい食感を実現。ジューシーな鴨肉の旨味を逃がさず閉じ込めます。表面にほどよくついた焦げ目が、食欲をそそるメニューです。

おいしいだけじゃない!安心して食べられる厳選食材

ビストロ料理を心ゆくまで。大阪の下町で愛されるフレンチ食堂「Bistro Galop」の5番目の画像

肩ひじ張らず、気軽に立ち寄れる雰囲気が魅力のお店。お店で使われている食材は、どれもシェフが厳選したこだわりの逸品です。

キッシュや、デザートに使われる卵は、薬剤を一切使わずに飼育された徳島県産のものを使用。有機栽培された野菜は、奈良県の明日香村にある契約農家から仕入れています。おいしいのはもちろんのこと、安心して楽しめる食材選びも人気の秘訣です。

OsakaMetro谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町六丁目駅」が最寄り。4番出口から南方向に進みます。空堀商店街に入り、2本目の筋を左に曲がったところにあるお店です。フランスの食堂を思わせる店内で、楽しくおいしいひとときを過ごしてください。

スポット情報

Bistro Galop

Bistro Galop

大阪府大阪市中央区瓦屋町1-1-1

06-6762-1016

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する記事

「グルメ」に関する人気記事ランキング

おすすめの記事