おでかけ動画マガジン

グルメ

更新 2018.09.14 | 公開 2018.09.14

九州最古の喫茶洋食店!長崎人が恋に落ちた「ツル茶ん」

長崎市にある「ツル茶ん」は、1925年(大正14年)創業の老舗喫茶洋食店です。大正レトロな雰囲気で長崎名物の「トルコライス」や、元祖「ミルクセーキ」を堪能できます。九州最古の喫茶店としても有名です。昔ながらの長崎の味を満喫しませんか。

ルトロン限定特典

「食後のハーフミルクセーキ」プレゼント!

ツル茶ん

有効期限:2019年3月14日(木)08時00分まで

詳細はこちら

長崎にお店を構える「ツル茶ん」は老舗の喫茶洋食店です。10種類のバリエーションを誇る「トルコライス」や、初代が考案した元祖・長崎風「ミルクセーキ」が人気メニュー。長崎の人々が愛し続けるお店に足を運んでみてはいかがでしょうか。

100年近く愛され続ける老舗「ツル茶ん」

老舗の喫茶洋食店

「ツル茶ん」の外観

「思案橋駅」のすぐ近くに佇む「ツル茶ん」は、1925年(大正14年)よりお店を構える老舗の喫茶洋食店です。100年近く、地元の方から観光で訪れる方にまで愛され続けてきました。

名前の由来

「ツル茶ん」の看板

「ツル茶ん」は、「ツルの港の長崎にはじめて生まれた喫茶てん」の“ツル・茶・ん”より文字をとって名付けました。

レトロな店内

「ツル茶ん」の内観

一歩足を踏み入れるとまるでタイムスリップしたかのような、レトロな雰囲気に包み込まれます。オランダのレンガ造りをイメージしており、「ツル茶ん」3代目のマスターがデザインしたそう。ほっこりと落ち着く大正レトロな雰囲気を楽しんでくださいね。

長崎名物!「トルコライス」

「トルコライス」とは

「ツル茶ん」のトルコライス

長崎の名物料理のひとつ「トルコライス」は、豚カツ・ナポリタン・ピラフ・キャベツ・カレーがワンプレートに乗ったボリュームある逸品。お店や家庭によって味付けが異なったりするそうで、さまざまなバリエーションがあるのだそう。

絶品のピラフ

「ツル茶ん」のトルコライス

「ツル茶ん」のピラフは白く見えるので、ふつうのライスだと思って口に運ぶときっと驚くことでしょう。にんじん・グリーンピース・マッシュルームが入っており、優しい味わいに仕上がっています。

トロトロのカレー

「ツル茶ん」のトルコライスのカツカレー

「ツル茶ん」では昔ながらの「トルコライス」の味を守っており、カレーも昔から愛される洋食カレーです。長時間じっくり煮込んでトロトロになっています。

10種類!

「ツル茶ん」では「トルコライス」を10種類のバリエーションで提供しています。お好みの「トルコライス」をぜひ堪能してくださいね。

食べる「ミルクセーキ」

甘いドリンク「ミルクセーキ」

「ツル茶ん」のミルクセーキ

甘くてスイーツ好きにおすすめの「ミルクセーキ」は、もともと1800年代後半のイギリスで作られた「エッグノッグ」がベースです。今でもアメリカ・カナダ・イギリスなどでよく飲まれているそう。

「エッグノッグ」は“卵黄・砂糖・牛乳・ラム酒またはブランデー”で作られますが、「ミルクセーキ」はお酒を抜いて作ります。

「ツル茶ん」の初代が生みの親!

「ツル茶ん」のミルクセーキ

長崎の「ミルクセーキ」は、ドリンクではなく“食べるミルクセーキ”として有名です。実は「ツル茶ん」の初代が長崎風「ミルクセーキ」のレシピの考案者。

“全卵・練乳・レモン・砂糖・かき氷”を混ぜて、半とけ状態にしたら食べ頃です。ぜひ元祖の味を体験してみては。

外国の方も安心!優しいおもてなし

「ツル茶ん」には日本人のほか、外国からの観光客も多く訪れます。そのため、日本語・英語・中国語・韓国語のパンフレットを用意しています。さりげない心使いが嬉しいですね。

「ツル茶ん」でほっと一息つきましょう

「ツル茶ん」のトルコライスとミルクセーキ

レトロな雰囲気で長崎の名物料理をいただける「ツル茶ん」に足をのばしてみませんか。駅からも近いので迷う心配もありません。きっと楽しい旅行の想い出になることでしょう。

「食後のハーフミルクセーキ」プレゼント!

「食後のハーフミルクセーキ」プレゼント!

特典はアプリからご利用いただけます。

スポット情報

ツル茶ん

ツル茶ん

長崎県長崎市油屋町2-47

095-824-2679

特典あり

詳細はこちら

この記事が気に入ったらアカウントをフォロー

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事