おでかけ動画マガジン

【奈良紅葉スポット】仏閣や神社を巡る「奈良公園コース」

更新 2018.09.18 | 公開 2018.09.18
お気に入り
  • Share on

「奈良公園コース」は「東大寺」から「興福寺」までの、奈良県奈良市エリアで紅葉が楽しめるレジャースポットを厳選。古くから親しまれてきた仏閣や神社が集まっています。紅葉を見ながら観光名所もしっかり押さえられるので、奈良県へ初めておでかけする方にもおすすめです。

広大な境内を染める紅葉が美しい「東大寺」

東大寺

「東大寺」は奈良県を代表するお寺です。像高約15m、蓮華座を合わせると約18mもの高さの大仏様が安置されていることで有名。広い境内では、さまざまな場所でモミジの紅葉を楽しむことができます。

大仏殿の裏手は、イチョウの黄葉が見られる人気スポット。境内には大仏池などがありますが、鮮やかな紅葉が映り込むのもまた風流です。

見頃の時期

11月上旬~12月上旬

ライトアップ有無

夕方に閉門となるため、ライトアップはおこなわれません。

料金有無

入堂・拝観料:大人(中学生以上)600円、小学生300円
※大仏殿・法華堂・戒壇堂、東大寺ミュージアム各所で料金が発生

木の種類

イチョウ、モミジなど

周辺情報

「奈良国立博物館」(観覧料金:一般520円、大学生260円)には、なら仏像館・青銅器館・東新館・西新館の4つのギャラリーがあります。美術品、書跡、考古遺品などを展示。国宝指定されている品もあります。地下回廊はミュージアムショップやレストランがあり、観覧しなくても入れるエリアです。

スポット情報

東大寺

東大寺

奈良市雑司町406-1

0742-22-5511

詳細はこちら

野生のニホンジカと一緒に紅葉が楽しめる「奈良公園」

奈良公園

「奈良公園」は、総面積511.33ヘクタールという広さを誇る県立公園です。年間約1,300万人が訪れる観光スポット。平たん部だけで約1万本も植えられた木々、青々とした芝生が織りなす美しい景観が魅力です。紅葉はサクラとイチョウが10月下旬、モミジは11月下旬から最盛期を迎えるため、長い期間楽しめます。

国の天然記念物に指定されている約1,200頭の野生ニホンジカなど、自然に暮らす動物たちと出会える場所でもあります。

色づき始めの時期

10月下旬

見頃の時期

11月上旬~12月上旬

ライトアップ有無

ライトアップはおこなわれません

料金有無

入園無料

木の種類

サクラ、モミジ、イチョウ

周辺情報

奈良公園の一角にある「水谷茶屋」は、昭和23年創業の甘味処です。大正初期に造られた茅葺屋根と柱を残した店舗は、風情たっぷり。わらびもち(550円)や茶屋だんご(550円)などの和スイーツ、お抹茶(700円)のほか、各種うどん(580円〜)もそろっています。秋は外の紅葉を眺めながら休憩できますよ。

スポット情報

奈良公園

奈良公園

奈良市登大路町30

0742-22-0375

詳細はこちら

世界遺産の中で堪能する鮮やかな紅葉「春日大社」

春日大社

世界遺産に認定されている「春日大社」は、2018年に創建1250年を迎えた神社です。境内はとても広く、数多くの文化財を所蔵している国宝殿、お食事や甘味がいただける春日荷茶屋などがあります。

神苑として整備されている萬葉植物園も見応えたっぷり。バラエティ豊かな四季折々のや草木を楽しめ、秋にはセンダンの幹をぐるりと囲む形でドーム型の紅葉(通称「ドーム型モミジ」)が名物となります。

見頃の時期

10月〜12月

ライトアップ有無

夕方に閉門となるため、ライトアップはおこなわれません。

料金有無

本殿前特別参拝:初穂料500円

紅葉祭り有無

紅葉祭りではありませんが、11/3(祝日)には「ドーム型モミジ」の横にある浮舞台で 「萬葉雅楽会」が催されます。

木の種類

カエデ属

周辺情報

「氷室神社」は、春日奥山の氷室に氷の神様を祀ったことが始まりとされています。例年5/1には献氷祭を開催。製氷業者からの信仰が厚い、珍しい神社です。奈良の都・平城京に氷を献上したという記録も残っています。3月下旬〜4月上旬には、境内のしだれ桜が美しく咲き誇るそうです。

スポット情報

春日大社

春日大社

奈良市春日野町160

0742-22-7788

詳細はこちら

紅葉とともに貴重な仏像や寺宝も拝観できる「興福寺」

興福寺

広い境内のところどころで紅葉が見られる「興福寺」は、法相宗の大本山。2018年にリニューアルオープンした国宝館は、奈良時代に創建されたときにあった食堂の外観を再現しています。収蔵されている仏像や寺宝の中でも、天平彫刻の傑作といわれる阿修羅像が人気です。

東金堂には、薬師如来像がご本尊として安置されています。現在の建物は1415(応永22)年に再建されたもの。奈良時代の建築の雰囲気を今に伝えています。

見頃の時期

11月中旬

ライトアップ有無

夕方に閉門となるため、ライトアップはおこなわれません。

料金有無

興福寺国宝館:大人・大学生700円、中高生600円、小学生300円
東金堂:大人・大学生300円、中高生200円、小学生100円
国宝館・東金堂共通券::大人・大学生900円、中高生700円、小学生350円

周辺情報

「吉城園」(入園料:大人250円、小・中学生120円)は、興福寺塔頭摩尼珠院の跡地ある庭園です。自然の地形を生かした美しい景観が魅力。茶室の東側は周りにモミジが植えられているので、秋になると紅葉を楽しめます。杉苔でおおわれた庭園の凜とした空気感も見どころです。

スポット情報

興福寺

興福寺

奈良市登大路町48

0742-22-7755

詳細はこちら

仏閣や神社の魅力も探せる紅葉の名所へおでかけ

奈良公園をメインに、仏閣や神社などを巡る紅葉観賞コースをご紹介しました。日本の文化を肌で感じられる名所が勢ぞろい。奈良は自然も豊かなので、鮮やかな紅葉がとても映えます。秋の休日は、紅葉を楽しみながら、奈良に残された仏閣や神社の魅力を探ってみてはいかがでしょうか。

「奈良公園コース」紅葉マップ

奈良公園コース

  • Share on

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事