おでかけ動画マガジン

結婚式のお呼ばれファッション!意外と知らない正しい服装のルール

公開 2018.09.23
お気に入り
  • Share on

結婚式お呼ばれファッションをする2人の女性

女性の結婚式ファッションで、恥ずかしい思いをしないための簡単マナーをご紹介。お呼ばれ結婚式にNG・OKファッション、分かりやすくポイントをご紹介します。華やかな場所にふさわしいファッションを習得しましょう。

結婚式ドレスのお呼ばれマナー

【NG】ドレスのカラーに注意!

NGな結婚式ドレス

「白」は花嫁のカラーです。「クリームベージュ」や「シルバー」などのドレスも、明るいカラーの小物と合わせると全身が白っぽく見えがちなので注意が必要です。全身「黒」コーデは「喪服」を連想させるので避けましょう。

【OK】単色カラーには小物でメリハリを!

OKな結婚式ドレス

ゲストが白いドレスを選ぶ場合は、全身が白いコーディネートにならないように、濃い色のバッグや靴を合わせてくださいね。黒いドレスを着る場合は、明るい羽織物やバッグを合わせるのがベスト。

【NG】ドレスの露出に注意!

NGな結婚式ドレス

マナーとして、肩を出した服装はNG。結婚式や昼の披露宴では、膝上10cm以上のミニ丈や胸の谷間を見せる襟ぐり、太ももまでのスリットなど、露出が多いデザインは避けましょう。

【OK】ボレロやストールを羽織って!

OKな結婚式ドレス

ノースリーブのドレスの場合は、ボレロやストールなどを羽織りましょう。カジュアルな披露宴や夜の披露宴の場合は、肩を出した服装でもOKとされています。

バッグのお呼ばれマナー

【NG】素材に注意!

結婚式のNGバッグ

殺生を連想させるという理由から、動物革やファーなどは結婚式ではNGとされています。布や紙などカジュアルな素材や、キャラクターモチーフのアイテムなども避けましょう。

【OK】きちんと感のあるフォーマルなバッグ

結婚式のOKバッグ

小さめのバッグがバランスのいいコーデになりますが、「招待状・ご祝儀・財布・スマホ・メイク道具・ハンカチ」など、必要最低限持ち歩きたいアイテムがありますよね。その場合は、きちんと感のあるフォーマル向けのサブバッグを用意しましょう。

アクセサリーのお呼ばれマナー

【NG】生花・時計・揺れるピアス

結婚式NGアクセサリー

生花のヘアアクセサリーは花嫁とかぶる可能性があるのでNG。結婚式で時間を気にするのはNGとされているので、時計の着用は控えておきましょう。

必ず守るべきマナーではないのですが、「家庭が揺れる」など縁起が悪いイメージを連想させる揺れるピアスやイヤリングはなるべく避けましょう。大ぶりなものや目立ちすぎるものは控えるのがベストです。

【OK】定番は白パールのネックレス!

結婚式のOKアクセサリー

アクセサリー選びに迷ったら、定番の白パールのネックレスをしましょう。コサージュや髪飾りをつけて華やかに演出するのもおすすめです。

靴やストッキングのお呼ばれマナー

【NG】場にそぐわないタイツやシューズ

結婚式のNGなタイツ・シューズ

黒タイツ・カラータイツ・網タイツ・素足は避けましょう。ブーツやカジュアルなサンダル、つま先やかかとの見えるミュールなどのシューズはNGです。

【OK】ナチュラルストッキング×パンプス

結婚式のOKなタイツ・シューズ

模様の入った黒タイツはOKです。お呼ばれコーデの足元の基本は、「ベージュのナチュラルストッキング×ヒール5cm以上のパンプス」です。

「ワンピの魔法」で素敵な結婚式ファッションを叶えよう!

結婚式のドレスをお手軽にレンタルできるウェブショップ「ワンピの魔法」。購入すると高くつくドレス代ですが、「ワンピの魔法」では3,980円からレンタルできます。

すでにコーディネートされたドレス一式をレンタルすることもできるので、あれこれ悩む必要もなく、忙しい方にもぴったり。ぜひ素敵な結婚式ファッションを叶えてくださいね。

監修元:ワンピの魔法

  • Share on

関連するキーワード

関連する特集

この特集のオススメ記事

関連する記事

おすすめの記事